対処(cope)

男性更年期障害克服の最強方程式!治療でテストステロンを上げるのは当然のこと。それにプラスして実践すべきこととは?

otokono-kounenki

[chat face=”c2e7c811-6de8-4d82-ad35-265ac4d3c63e.png” name=”タツヤ” align=”right” border=”gray” bg=”none” style=””]男性更年期障害は、めちゃくちゃ辛くて苦しいものです。その辛さ、苦しみは、痛いほどわかります。だって、私(運営者)も経験者ですから。絶望的な気持ちになることもありますよね。あなたは、その辛さ、苦しみから、一刻も早く抜け出したいと思っているはずです。そのためには、一日でも早く、医師に相談をして、1日も早く、治療を開始することに疑いの余地はありません。それが、何よりも重要です。声を大にして言えます。でもね、それだけでは、あなたは明るい未来を手に入れられないかもしれません。それはなぜか?あなたが治療をするのは、辛く苦しい男性更年期障害の症状から直ぐにでも解放されたいという想いもあるとは思いますが、まだまだ続く人生をずっと健康的に生きたいと思っているからですよね?だとしたら、治療に頼るだけではダメです、治療にあることをプラスしないと。あることを治療にプラスし、最強の方程式とすることで、真に男性更年期障害を克服できるのです。今回は、私(運営者)が経験した、その最強の方程式について、分かりやすく解説したいと思います。ぜひ、最強方程式をゲットし、さらに明るい未来もゲットしてください![/chat]

男性更年期障害克服の最強の方程式とは?治療と〇〇の組み合わせがカギを握る!

男性更年期障害を克服するためには、今すぐ行動を起こすべきです。

男性更年期障害は、放っておくとあなたの人生を台無しにする可能性があります。

あなたは、それを阻止するために、何をすべきか知っていますか?

その答えは、”治療”と”生活習慣の改善”のハイブリッドメソッドを実践することです。

これが、男性更年期障害克服の最強の方程式です。

”治療”と”生活習慣の改善”のハイブリッドが男性更年期障害克服の最強方程式!

この方程式の秘密は、治療と生活習慣の改善がシナジー(相乗)効果です。

この方程式を聞いて、一つの疑問が生まれるかもしれません。

男性更年期障害の原因は、加齢やストレスで、テストステロンが減少すること。

ならば、治療をしてテストステロンを増やせば、体調はちゃんと回復するのでは?

もちろん、これ自体は間違いではありません。

確かに、治療によってテストステロン値を上げることができます。

治療によって、あなたは早い段階で体調の変化を感じることができるでしょう。

しかし、治療は根本的な解決にはならないことが多いのです。

いや、治療”だけ”では根本的な解決にはならないと言ったほうが正しいですね。

治療”だけ”では、根本的な解決にはならない!

それはなぜか?

それは、治療によってテストステロン値を上げられるのは、一時的なものだからです。

主に行われる治療はテストステロン補充療法で、外部から体内に直接注射でテストステロンを補充する治療法ですが、テストステロンの濃度は注射してから3日後にピークを迎え、そこから減少していきます。

2週間から3週間で、トラフ(底値)になります。

つまり、テストステロン補充療法でテストステロン値を上げても、長続きはせず、次第に下がってくるのです。

当たり前と言えば当たり前のことです。

この理屈によると、テストステロンの値を安定させるためには、継続的にテストステロン補充療法を受け続けなければならなくなります。

それが可能ならば、それでも良いのかもしれませんが、補充されるテストステロン(保険適用の薬剤はエナルモンデポー)には副作用がありますし、血液検査の結果、治療を受けたくても継続して受けられなくなることもあります。

さらには、費用(お金)の心配もしなければなりません。

このように、治療だけに頼るには、少々課題が多いのです。

そこで、必要になるのが、生活習慣の改善です。

生活習慣の改善と言えば、睡眠、食事、運動などです。

これらの生活習慣を改善することで、自然にテストステロンが増えることがわかっています。

生活習慣の改善によって、外部から補充することなく、内部(あなたの身体)から分泌されてくるのです。

ここでのポイントが、テストステロンが”自然に”増えて(分泌される)くること。

生活習慣の改善は、”自然”にあなたのカラダからテストステロンを分泌させる最良の方法”!

これが、本来の姿ですから、身体にも優しいことは間違いありませんよね。

しかも、身体から”自然”に分泌されるのですから、一時的ではなく継続的だということもわかると思います。

だだ、ネックもあるんです。

それは、効果がでるまでに、時間がかかるということ。

生活習慣の改善は、効果が現れるまで時間がかかるのが問題

基本的には、効果が現れるまでに数ヶ月単位の時間がかかります。

これは、私(運営者)の経験からもはっきり言えます。

生活習慣の改善は、主に睡眠、食事、運動ですが、効果の現れやすいものを私(運営者)の経験則で並べてみると、

  1. 睡眠
  2. 食事
  3. 運動

の順になります。

睡眠は早ければ1〜2週間で効果が現れることもあります。

食事は、ホリスティック医学の視点で見ると3ヶ月。

そして、最後に運動です。

運動は、一番効果が出にくいけど、効果が出始めると、その大きさはピカイチです。

運動の頻度や強度にもよりますが、効果が現れるまで半年ぐらいかかると思います。

もちろん個人差はありますが。

しかし、いくら生活習慣の改善が身体にいいからと言っても、男性更年期障害に苦しんでいる時に、あなたは苦しみながら数ヶ月もの間、生活習慣の改善を続けられますか?

もし、続けられるのであれば、それでも良いでしょう。

でも、無理ならば、別の対策を取らなければなりません。

ちなみに、私(運営者)は、まったく、ぜんぜん、一ミリも無理でした…泣

苦しくて辛くて、とてもじゃないですが、数ヶ月も堪えながら、生活習慣の改善に向き合う気力と体力はありませんでした…涙

だって、苦しくて辛くて、もしかしたら死んじゃうのではないかと、絶望感や恐怖感が襲ってくるぐらいの辛さでしたからね。

ということで、まずはその苦しみ辛さから解放されるために治療が必要になるのです。

ここで、治療と生活習慣の改善のメリットデメリットを整理しておきましょう。

その上で、最強方程式をお示ししますね。

メリットデメリット
テストステロン補充療法・テストステロンの低下による症状を効果的に改善できる 

・効果が早い

・筋肉増強やED治療などの美容

・健康目的にも利用できる

・医師の診断や処方が必要で自分ではできない

 ・費用がかかる

・副作用として多血症や睡眠時無呼吸症候群などが起こる可能性がある

 ・前立腺がんや肝臓病などの注意が必要な病気がある場合は対象外となる 

・精子を作る機能が抑制され、男性不妊が起こるおそれがある

生活習慣の改善・副作用の心配がない

・運動や食事、睡眠などの日常生活に気を付けるだけでテストステロンの低下を防げる 

・他の健康面にも良い影響を与える

・効果が現れるまでに時間がかかる場合がある 

・自分で意識して継続する必要がある

 

テストステロン補充療法と生活習慣の改善のメリットデメリットが整理できたところで、最強の方程式のお披露目です。

男性更年期障害克服のための最強方程式は以下の通りです。

[box03 title=”男性更年期障害克服のための最強方程式”]

  1. テストステロン補充療法を受け、短期間でテストステロンを増やし、体調を整える。
  2. 体調が整ったら、長期的な視点で生活習慣の改善に取り組み、長期間に渡って自然にテストステロンを分泌させて体調を安定させる。

[/box03]
2ステップのシンプルなものですが、このシンプルな組み合わせが最高のシナジー(相乗)効果を生むのです。

これを数式で表してみると以下のとおり。

  • M=1/ R(t) + L(t)​
  • tは時間を表し、R(t)はテストステロン補充療はを、L(t)は生活習慣の改善の効果を表します。
  • R(t)は最初に取り組むことで、短期間で効果が表れるので、急速に増加します。
  • L(t)はテストステロン補充療法に少し遅れて取り組み始め、長期間に渡って対応するので、ゆっくりと増加します。

まぁ、数式はご愛敬ということで、

  1. テストステロン補充療法を受け、短期間でテストステロンを増やし、体調を整える。
  2. 体調が整ったら、長期的な視点で生活習慣の改善に取り組み、長期間に渡って自然にテストステロンを分泌させて体調を安定させる。

この2つのステップをしっかり意識するようにしてください。

この方程式の考え方は、とくに難しいことでもなく、改めて聞いても目新しさはないかもしれません。

でも、これを知っている、知らないの差は、大きいと思います。

更に、知った上で実践する、実践しないの差は、もっと大きいです。

あなたは、この方程式を知ること、この方程式を実践することで、きっと自分の体と心を取り戻すことができるでしょう。

治療によって即効でテストステロン値を上げる!テストステロン補充療法の効果と副作用

男性更年期障害は、加齢やストレスによって男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減少することで起こる症状です。

テストステロンは、筋肉や骨の形成、性機能や造血などに影響を与えるだけでなく、チャレンジ精神や競争心などの行動や精神面にも作用します。

テストステロンが低下すると、うつや性欲・性機能低下、骨粗しょう症や心血管疾患などの身体的・精神的な不調が現れます。

そこで、男性更年期障害の治療法として有効なのが、「テストステロン補充療法」です。

これは、外部からテストステロンを直接体内に補充することで、ホルモンバランスを整える治療法です。

健康保険が適用されているテストステロン補充療法では、「エナルモンデポー」というテストステロン製剤が使われ、2〜4週間に1回、腕やお尻の筋肉に注射します。

いわゆる筋肉注射ってやつですね。

3か月間程度行って効果を確認し、効果がある場合は1年間を目安に継続します。

この治療法は、直接血液中にテストステロンを補充するので、即効性があります。

注射してから3日程度で血中濃度がピークに達します。

おそらくこの時点で、体調の変化を感じると思います。

おっ!調子がいいぞって感じです。

約70%の患者に効果がある有効な治療法で、1回で効果が出る場合や3か月ほどかけて徐々に改善するケースなど様々です。

個人差はありますが、私(運営者)の場合は、1度目の注射で、気持ちも落ち着き、身体も力がみなぎる感覚を覚えました。

クスリって、やっぱ凄っ!ってと思いましたもの。

このテストステロン補充療法については、別の記事で詳しく解説していますので、良かったらご覧くださいませ。

保険適用テストステロン補充薬エナルモンデポーを注射した件

しかし、このテストステロン補充療法には副作用やリスクもあるので注意が必要です。

まず、テストステロンを注射することで、精巣機能が低下することがあります。

これは、外部からテストステロンを補充することで、精巣が自分でテストステロンを作ろうとする働きが少なくなり、精子を作る機能が抑制されるためです。

このため、子どもを希望する場合は、テストステロンに替わる別のホルモンを注射することもあります。

また、中止後に精子数が元の値以上に回復するケースもあるので、必ず医師に相談してください。

次に、テストステロン値が高すぎると、多血症になることがあります。

これは、テストステロンが造血を促進することで、赤血球や血液中の鉄分が増えすぎるためです。

多血症になると、血液がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まります。

さらに前立腺への影響も注意しなければなりません。

ココ、特に大事なので、少し詳しく解説しておきますね。

テストステロン補充療法を行う場合、PSA(前立腺特異抗原)に注意する必要がありす。

その理由は、PSAは前立腺癌のスクリーニングや診断に用いられるマーカーであり、テストステロン補充療法が前立腺癌の増悪や発症に影響する可能性があるからです。

PSAは前立腺から分泌されるタンパク質で、血液中の量は通常は低いですが、前立腺癌や前立腺肥大などの前立腺疾患があると高くなります。

テストステロン補充療法は、一般的にはPSAが2.0 ng/ml以上の場合は行わないことが推奨されています。

これは、PSAが2.0 ng/ml以上の場合は前立腺癌の可能性が高く、テストステロン補充療法が前立腺癌の進行を促進する恐れがあるからです。

私(運営者)も、一番最初に血液検査を実施して、PSAのチェックを行いました。

治療中も定期的にPSAを測定(血液検査)を行って、前立腺癌の合併を見逃さないようにすることが重要です。

そのため、治療中は定期的に血液検査を行い、テストステロン値やPSAなどをチェックします。

その他の副作用としては、

  • 精巣萎縮
  • 前立腺癌
  • 前立腺肥大症
  • 女性化乳房
  • 肝機能障害
  • 睡眠時無呼吸
  • 浮腫

などがあります。

これらの副作用はまれに起こるものですが、重篤な場合もあるので注意が必要です。

また、この治療法は以下のような場合は禁忌とされています。

禁忌とは、「してはいけない」という意味です。

  • 前立腺癌や乳癌の既往歴や現在罹患している場合
  • 肝硬変や肝機能障害のある場合
  • 睡眠時無呼吸症候群のある場合
  • 多血症や高血
  • 多血症や高血圧のある場合
  • 心不全や心筋梗塞の既往歴や現在罹患している場合
  • 血栓症の既往歴や現在罹患している場合
  • 糖尿病や高脂血症のある場合

このように、テストステロン補充療法は、一時的に症状を改善することができますが、副作用やリスクもあるので長期的に受け続けるわけには行かず、自然に体内から分泌させてテストステロン値を一定のレベルに保つことが難しいということがお分かりいただけたと思います。

そこで、抜本的かつ長期的に男性更年期障害を克服するためには、「生活習慣の改善」をプラスする必要があるというわけなのです。

それでは次に、テストステロンを爆上げするための生活習慣の改善について詳しく解説していきますね。

生活習慣の改善で長期的にテストステロン値を上げる!食事・睡眠・運動のコツ

ここからは、生活習慣の改善でテストステロン値を長期的に上げ続ける方法について、私(運営者)が実体験から言える効果の出やすい睡眠・食事・運動の順番で、そして補足として禁煙・節酒について解説していきたいと思います。

睡眠

テストステロンは睡眠中、特に深い眠りの時、いわゆるノンレム睡眠の時に多く分泌されます。

睡眠不足や睡眠の質が悪いと、テストステロンの分泌は低下します。

睡眠時間には個人差がありますが、一般的には7〜8時間程度が目安です。

私(運営者)は、7時間を死守してます。

また、睡眠は時間だけではなく、質も重要。

ここで、私(運営者)が厳選した男性更年期障害の生活習慣の睡眠の質を高めるもっとも有効な3つの方法を、その理由と合わせてご紹介しましょう。

朝、目覚めたら外の光を目に入れる

外の光を目に入れると、体内時計がリセットされます。

体内時計は、昼夜のリズムに合わせてメラトニンというホルモンの分泌量を調節します。

メラトニンは、暗くなると分泌されて眠気を誘います。

朝、目覚めたら外の光を目に入れると、14〜16時間後に眠気を感じやすくなります。

このアクションは、幸せホルモンの「セロトニン」も増やしてくれますので、一石二鳥ですよ。

ぬるめのお湯にゆっくり浸かる

ぬるめのお湯に半身浴をすると、血行が良くなり、自律神経が安定します。

シャワー派かもしれませんが、時々は湯舟に浸かってみてください。

自律神経は、交感神経と副交感神経からなり、交感神経は活動神経、副交感神経は休息神経とも呼ばれます。

副交感神経を高めることで、リラックスした状態で睡眠に入ることができます。

日本人の文化ですからね。有効活用しましょう。

寝室環境や睡眠グッズを見直す

これは、一番大切で、効果も現れやすいです。

枕や布団、シーツなどは季節ごとに見直してください。

近年、冷感寝具などが次々に発売されて、心地よい睡眠環境をゲットしやすくなりましたよね。

寝心地が悪いと、やはり睡眠の質は著しく低下します。

質の向上させるためには、積極的なアクションが必要です。

例えば、

  • 部屋の温度や湿度も快適な範囲に保つことが重要で、温度は15〜20度、湿度は50〜60%が目安です。
  • 部屋の照明や音も睡眠に影響します。暗く静かな環境を作ることで、深い眠りに入りやすくなります。
  • 就寝前にスマートフォンやパソコンなどのブルーライトを発するデバイスを使わないことも効果的です。

これらのアクションを通して、快適な睡眠環境をゲットしてください。

割り切って睡眠薬に頼ることも大切

睡眠の質を高めるためのアクションをとっても効果が現れない時って、どうしてもあります。

一過性のことならば問題ないのですが、それがちょくちょくあるとなると、問題ですよね。

そんな時は、割り切って睡眠薬に頼ることも大切です。

異論反論はあるかもしれませんが、私(運営者)は睡眠薬許容派です。

それは、睡眠薬に助けられたからです。

私(運営者)は、眠れない時に服用する頓服薬を常用しています。それは、今現在もです。

睡眠薬のメリットを整理してみても、たくさんあります。

  • 脳の興奮を抑えて眠りやすくする効果があり、適切に使用することで、睡眠不足による悪循環を防ぐことができます。
  • 不安やストレスによる不眠にも有効で、不安やストレスは、交感神経を活性化させて覚醒状態を維持します。
  • 抗不安作用や筋弛緩作用もあり、心身をリラックスさせ不安やストレスを緩和することができます。
  • 睡眠に対する自信や期待感も高める睡眠薬を服用することで、「今夜は眠れる」というプラセボ効果が働き、自然な睡眠へ誘(いざな)ってくれます。

もちろん、睡眠薬に頼ることの注意点もありますので、確認しておきましょうね。

❶睡眠薬は、副作用や依存性がある

副作用としては、ふらつきや頭痛、めまい、健忘などがあります。

依存性としては、長期間服用すると効果が減少したり、中止すると離脱症状が出たりする可能性があります。

睡眠薬は、医師の指示に従って正しい量や期間で服用することが重要で