予防(prevention)

40歳過ぎの男性へ。男性更年期障害を知らないことがもたらすリスクとは?

otokono-kounenki

更年期障害は男性にもあります。原因は、男性ホルモンの一つであるテストステロンの減少です。この原因を知らないことも、もちろんですが、男性更年期障害を知らないことによるリスクは、多々あります。知らないことは、様々なリスクにつながる可能性が高まります。今回は、そんな「知らないことによるリスク」について考えてみましょう。

どうもです! 

男性更年期障害予防改善アドバイザーのタツヤです!

私自身50歳を過ぎてから男性更年期障害に悩み、苦しみ、現在も様々な治療やセルフケアを実践しております。

このブログをお読みのあなたは、私と同じ50代、そして男性更年期障害に苦しんでいる方かも知れません。

いわゆる「L世代」ですね。

※「L世代」とは、「男性更年期障害の一歩手前の自覚症状があったり、男性ホルモンであるテストステロンが低下しやすい要因を抱える男性のこと」を言います。

「L世代」には悩みが尽きませんよね。

私は、男性更年期障害が、世間ではあまり知られていないことに、その悩みの原因があると思っています。

「L世代」の多くは、

  • 男性更年期障害の、ちゃんとした情報や知識を得られない
  • 男性更年期障害の、適切な治療を受けられない
  • 男性更年期障害について、周囲からの理解を得られない

など、”ないない”づくしの中で悩んでいると思います。

あなたが男性更年期症状の知識が十分じゃないことにより、今も様々な症状に悩み、そして苦しみ、もしかしたら、あなたが今まで苦労して積み上げたキャリアにも大きな影響が出ているかもしれません。

更年期障害は、これからというキャリアの充実期に始まることが少なくありませんからね。

通常の生活や仕事ができないほど辛い時は、直ぐに医療機関に相談してください。

決して放置はしないでください。

もしセルフケアで緩和したいと考えているのなら、このブログを通じて、総合的に知識を備えていただき、あなたの明るい未来のためのきっかけにしてください。

このブログでは、男性更年期障害に悩み苦しむ、そんなあなたのために、男性更年期障害について、私の実体験も踏まえて様々な切り口からの情報を発信してまいります。

それでは参りましょう!

男性更年期障害の症状とは?

男性更年期障害は、男性の身体や精神的な変化によって引き起こされる障害であり、一般的に「アンドロポーズ」(男性において加齢に伴って生じる男性ホルモン(テストステロンなど)の低下およびそれに付随する身体の変化のこと)と呼ばれます。

男性更年期障害のことを「アンドロポーズ」と言います。

女性の更年期障害のことを「メノポーズ」と言います。

男性更年期障害は、テストステロンという男性ホルモンの減少がトリガー(引き金)となって引き起こされることがあります。

原因は、加齢や強いストレスと言われています。

男性更年期障害の原因は加齢や強いストレス

テストステロンは男性にとって非常に重要なホルモンであり、筋肉の成長や骨の健康、性欲などに影響を与えます。

男性更年期障害の症状は、次のようなものがあります。

性欲の低下

男性更年期障害によって、性欲が低下することがあります。

これは、テストステロンの減少によるものであり、さらに精力低下や勃起不全の原因となることがあります。

疲労感や倦怠感

男性更年期障害は、疲労感や倦怠感を引き起こすことがあります。

これは、テストステロンが減少することによって、体力やエネルギーが低下するためです。

私(管理人)は、今まで味わったことのない強い倦怠感に襲われました。

筋肉の減少や骨密度の低下

テストステロンは、筋肉の成長や骨の健康に重要な役割を果たします。

男性更年期障害によって、筋肉の減少や骨密度の低下が起こることがあります。

身体的な変化

男性更年期障害によって、体毛の減少、皮膚のたるみ、体重の増加、乳房の腫れ、顔のシワなどの身体的な変化が起こることがあります。

精神的な変化

男性更年期障害は、精神的な変化を引き起こすことがあります。

イライラしたり、落ち込んだり、不安を感じたりすることがあります。

男性更年期障害のこれらの症状は、個人差があります。

また、症状が現れるタイミングや程度も異なりますね。

症状がある場合には、我慢せずに病院で診察を受けることが重要です。

テストステロン減少がもたらすリスクとは?

男性ホルモンであるテストステロンは、男性にとって非常に重要なホルモンであり、体の成長や発育、筋肉の成長、性欲や精力などに影響を与えます。

しかし、40歳以降、加齢によって男性のテストステロンレベルは年々低下していきます。

このテストステロンの減少によって、男性には以下のようなリスクが生じることがあります。

骨粗鬆症

テストステロンは、骨密度を維持するために重要な役割を果たしています。

テストステロンが減少すると、骨密度が低下し、骨粗鬆症になるリスクが高くなります。

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症は、骨組織の量や質が低下し、骨が脆くなる疾患です。骨粗鬆症の主な原因は、骨の再生力が低下する老化現象ですが、テストステロンの減少やステロイド薬の使用、運動不足などもリスクとなります。

骨粗鬆症は、骨折や転倒による怪我が発生しやすくなるため、高齢者や女性に多く見られますが、男性にも起こります。症状は、骨折や腰痛、身長の低下などです。骨密度の測定などの検査で診断されます。

骨粗鬆症の治療には、カルシウムやビタミンDの補給、運動療法、薬物療法などがあります。また、予防には、バランスの良い食生活や適度な運動、禁煙などが有効です。

筋力の低下

テストステロンは、筋肉の成長や強度に関与しています。

テストステロンが減少すると、筋肉量や筋力が低下し、身体のパフォーマンスや健康に影響を与える可能性があります。

肥満

テストステロンは、脂肪を燃焼させるために重要な役割を果たしています。

テストステロンが減少すると、脂肪の蓄積が増え、肥満になるリスクが高くなります。

男性更年期障害で、メタボになる方が増えています。

心血管疾患

テストステロンは、血管の健康を維持するために重要な役割を果たしています。

テストステロンが減少すると、心臓病や高血圧などの心血管疾患のリスクが高くなる可能性があります。

糖尿病

テストステロンは、インスリンの効果を増強するために重要な役割を果たしています。

テストステロンが減少すると、インスリンの効果が低下し、糖尿病のリスクが高くなる可能性があります。

このように、テストステロンの減少は男性の健康に影響を与える可能性があるため、定期的な健康チェックや医師の診断を受けることがとても重要です。

また、生活習慣の見直しで健康的なライフスタイルを維持し、バランスの良い食生活や運動を行うことも、テストステロンの減少を防止することにつながります。

男性更年期障害を知らないことでおきるリスクとは?

続いては、男性更年期障害を知らないことでおきるリスクです。

症状の放置による悪化

男性更年期障害には、前述したように様々な症状があります。

しかし、男性がこれらの症状を男性更年期障害と認識せず、放置してしまうと、症状が悪化する可能性があります。

たとえば、睡眠障害を放置すると、うつ病や不眠症などの精神疾患を引き起こすことがあります。

仮に、個別の症状で病院に行ったとしても、対処療法的な治療に終始し、テストステロン減少という根本的な原因に基づく治療が期待できないため、症状の長期化、悪化が懸念されることになります。

例えば、めまいの症状が出て内科を受診したとします。おそらく、問診をして、まずはめまい止めの内服薬が処方されると思います。そこで、医者常套句「薬を飲んで、しばらく様子をみてください。また症状が出たら来てください。」です。

当然、テストステロンは減少したままですから、何も症状は改善しないわけです。

そもそも病院に行きたがらない男性は意外に多いようです。

ましてや自分が男性更年期障害と認めたがらないことも少なくないようで、結果、放置されてしまうのが現状です。

健康に関して”放置”することは最大のリスクであり、もっとも回避しなければなりません。

仕事や人間関係のトラブルが起きる

男性更年期障害によって、イライラや怒りっぽくなる、集中力が低下するなどの症状が現れることがあります。

これらの症状が原因で、仕事や人間関係にトラブルを引き起こすことがあります。

まさか、本人も周囲も、男性更年期障害が原因とは思わないので、周りからのああなたへの評価や心証は、どんどん悪くなり、次第に孤立化していくこともあります。

近年、社会問題になっているパワハラ(パワーハラスメント)の原因に、この更年期障害があるのではないかと、個人的には思っています。

パワハラ(パワーハラスメント)の原因の一つに、男性更年期障害があるのではないか?運営者の私見)

性生活の低下

テストステロンが減少することによって、性欲や勃起力が低下する可能性があります。

このため、性生活に支障をきたすことがあるため、パートナーとの関係にも悪影響を及ぼすことがあります。

それよりも深刻なのが、あなたが男性としての自信を失ってしまうということ。

自信を失うことの、心身への影響は計り知れません。

性的なジャンルは、なかなか口にしづらかったり、人に相談もしにくいと思います。

しかし、男性としてはとても重要な要素であるということを再認識してください。

健康リスクの増加

男性更年期障害によって、前述したように骨粗鬆症や肥満、心血管疾患、糖尿病などのリスクが高まる可能性があります。

これらの病気は、重篤な合併症を引き起こすことがあるため、放置すると健康リスクが増加することにつながります。

男性更年期障害は、女性の更年期障害と同様に、生理現象の一つであり、40歳以降の男性には必ず起こるものです。

しかし、男性更年期障害を知らないことによって、様々なリスクが生じることがあるため、自分自身の健康を守るためにも、症状について正しく理解し、適切な対処をすることが重要です。

男性更年期障害を知ることのメリットとは?

男性更年期障害を知ることには、以下のようなメリットがあります。

症状の自己認識ができる

男性更年期障害の症状を知ることで、自分自身の体調変化を正しく把握することができます。症状を自己認識することで、早期に対処することができます。

早期発見と治療の促進

男性更年期障害を知ることによって、早期に症状に気づくことができます。早期発見によって、適切な治療を受けることができ、症状の進行を遅らせることができます。

早期に対処できれば、辛いことも少なくなりますからね。

仕事や人間関係のトラブルの回避

男性更年期障害によって、イライラや怒りっぽくなる、集中力が低下するなどの症状が現れることがあります。

男性更年期障害を知ることによって、これらの症状が男性更年期障害によるものであることを理解し、対処方法を身につけることによって、仕事や人間関係のトラブルを回避することができます。

性生活の改善

テストステロンが減少することによって、性欲や勃起力が低下する可能性があります。

男性更年期障害を知ることによって、自分自身が抱える症状が男性更年期障害によるものであることを理解し、適切な治療を受けることによって、性生活を改善できます。

健康維持ができる

男性更年期障害によって、骨粗鬆症や糖尿病、心血管疾患などのリスクが高まることがあります。男性更年期障害を知ることで、これらのリスクについて正しく理解し、予防や早期発見に努めることができます。

家族や周囲の理解を得られる

男性更年期障害は、女性の更年期障害と同様に、周囲の人々に理解されにくいという問題があります。

しかし、男性更年期障害を知ることで、家族や周囲の人々に自分の症状を説明し、理解を得ることができます。

男性更年期障害を知ることによって、自分自身の健康を守ることができます。

男性更年期障害は、一つの生理現象であり、誰にでも起こり得るものです。

症状を自己認識し、適切な対処をすることで、健康的な生活を送ることができます。

男性更年期障害を予防する方法とは?

男性更年期障害は、加齢という原因があるため、完全に予防することはできません。

しかし、以下の方法によって、症状を軽減し、健康的な生活を送ることができます。

健康的な生活習慣の維持

バランスの良い食事、適度な運動、禁煙、適度なアルコール摂取量の制限など、健康的な生活習慣を維持することが重要です。

特に、肥満を避け、ストレスを適切に管理することは、男性更年期障害のリスクを低減することができます。

適切な栄養素の摂取

特にビタミンD、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンEなどの栄養素を十分に摂取することが重要です。

特にセックスミネラルと呼ばれる「亜鉛」の摂取は、特に男性更年期障害の予防には効果的です。

これらの栄養素は、骨密度の維持や、テストステロンの生産を促す効果があります。

特にセックスミネラルの「亜鉛」の摂取が大切

ストレスの管理

ストレスが長期間続くと、テストステロンの分泌が低下する可能性があります。

ストレスを適切に管理するためには、リラックスする時間を持つこと、趣味や興味を持つこと、ストレスを発散する運動などが有効です。

(運営者)は、YOGA、ストレッチ、瞑想(マインドフルネス)などを、日常に取り入れています。

睡眠の改善

十分な睡眠をとることは、男性更年期障害のリスクを低減するために重要です。

不規則な睡眠や睡眠不足は、テストステロンの分泌を抑制し、症状を悪化させることがあります。

十分な睡眠を確保するためには、寝室を快適な温度に保ち、寝る前にスマホやパソコンなどの電子機器を避けることが有効です。

医師の指示に従う

医師の指示に従って、必要な検査を受け、適切な治療を受けることが重要です。

男性更年期障害の症状が現れた場合には、自己判断せず、専門医に相談しましょう。

まとめ

男性更年期障害は、男性が年を取るにつれて生じる問題であり、精神的・身体的な症状を引き起こすことがあります。

これらの症状はテストステロンの減少によって引き起こされるため、男性はこの問題に対して注意が必要です。

さらに、男性更年期障害を知らないことは健康に重大な影響を及ぼすことがあります。

男性更年期障害を知ることで、自己認識や自己管理が向上し、予防措置を取ることができます。

男性更年期障害を予防するには、健康的なライフスタイルを維持し、医師と定期的に相談することが重要です。

特に40歳過ぎの男性は、男性更年期障害について知識を持つことで、自分自身の健康を守り、生活の質を高めることができますからね。

男性更年期障害の症状が現れた場合には、出来るだけ早く専門医(泌尿器科等)の診察を受け、適切な治療を受けることが重要です。

最新の情報に基づいた対策を講じ、健康な体と健康的な精神を維持するために、自己の健康に対する意識を高めることが大切ですよ。

放置だけは、絶対ダメですからね。

男性更年期障害の克服に必要なのは「ひとりじゃない」と思えること