食品(food)

男性更年期障害にはバナナがイイ!?   

otokono-kounenki

男性更年期障害にバナナがいいって聞いたことありませんか?

あれって、ホントでしょうか? 

いいとしても、バナナにどんな効果があるからなのでしょうか?

実は私も男性更年期障害に効くと聞いてから、毎日食べる様にしています。

今回はバナナと男性更年期障害の症状改善の関係性について掘り下げてみますね。

効果的な摂り方や、私が普段どの様にして摂っているかもご紹介いたしますね。

どうもです! 

男性更年期障害予防改善アドバイザーのタツヤです!

私自身50歳を過ぎてから男性更年期障害に悩み、苦しみ、現在も様々な治療やセルフケアを実践しております。

このブログをお読みのあなたは、私と同じ50代、そして男性更年期障害に苦しんでいる方かも知れません。

いわゆる「L世代」ですね。

※「L世代」とは、「男性更年期障害の一歩手前の自覚症状があったり、男性ホルモンであるテストステロンが低下しやすい要因を抱える男性のこと」を言います。

「L世代」には悩みが尽きませんよね。

私は、男性更年期障害が、世間ではあまり知られていないことに、その悩みの原因があると思っています。

「L世代」の多くは、

  • 男性更年期障害の、ちゃんとした情報や知識を得られない
  • 男性更年期障害の、適切な治療を受けられない
  • 男性更年期障害について、周囲からの理解を得られない

など、”ないない”づくしの中で悩んでいると思います。

あなたが男性更年期症状の知識が十分じゃないことにより、今も様々な症状に悩み、そして苦しみ、もしかしたら、あなたが今まで苦労して積み上げたキャリアにも大きな影響が出ているかもしれません。

更年期障害は、これからというキャリアの充実期に始まることが少なくありませんからね。

通常の生活や仕事ができないほど辛い時は、直ぐに医療機関に相談してください。

決して放置はしないでください。

もしセルフケアで緩和したいと考えているのなら、このブログを通じて、総合的に知識を備えていただき、あなたの明るい未来のためのきっかけにしてください。

このブログでは、男性更年期障害に悩み苦しむ、そんなあなたのために、男性更年期障害について、私の実体験も踏まえて様々な切り口からの情報を発信してまいります。

それでは参りましょう!

男性更年期障害にはバナナがイイの?

結論、男性更年期障害にはバナナがイイんです。

男性更年期障害の症状にはいくつかありますが、その中でも「うつ症状」の改善にバナナが効果的です。

なぜバナナが効果的なのかについて解説いたしますね。

セロトニンって聞いたことありますか?

セロトニンは、別名「幸せホルモン」なんて言い方もされています。

セロトニンとは神経伝達物質の一つなのですが、私たちの精神の安定には欠かせないものです。

なんか気分が優れないな、やる気が起きないなんて時は、セロトニンが少なくなっている状態です。逆に言えば、セロトニンを増やすことができれば、気分の落ち込み改善にも効くということなんです。

セロトニンは私たちの体内で生成される物質なのですが、ほっておいて増える訳ではありません。セロトニンの原料になるモノが必要です。

それが、「トリプトファン」

バナナには、この「トリプトファン」が多く含まれているんです。

ということで、積極的にバナナを摂ることで、セロトニンが増えて、「うつ症状」の緩和につながります。

バナナを食べるタイミングはいつがイイ?

セロトニンは日中に生成されるので、バナナは朝食に食べるのがオススメです。

朝、食べそこなったとしたら、ランチに摂っても効果は期待できます。

バナナはどれぐらい食べればイイの?

1日の摂取目安量は1本です。

バナナの大きさによって2本にすることも全然OKです。

ただし、バナナには糖質も多く含まれるため、注意が必要な場合も。

治療中やダイエット中の方など、気になる時は、主治医などに相談してみてください。

バナナが最強食材の理由

バナナが最強食材である理由です。

それは、

  • 安い
  • どこでも手に入る
  • 美味しい

安い

何と言っても安い!

一房100円(3~5本ぐらい)ちょっとで購入できます。

これは、習慣化する時のメリットの一つですからね。

どこでも手に入る

今や、スーパー、コンビニ、どこでも手に入る食材になりました。

これも、習慣化する時のメリットの一つですからね。

味しい

そして何よりも、美味しい。

味はとても大事な要素。

いくらカラダに良くても、美味しくなければ続けられないですし、ハッピーではないですからね。

セロトニンを増やす三種の神器

バナナがセロトニンを増やし、男性更年期障害の諸症状の一つである「うつ症状」を改善させる効果があるというお話をしましたが、併せて実践することで、さらにセロトニンを爆上げさせる方法がありますので、ここで紹介いたしますね。

というのも、バナナによってセロトニンの原料「トリプトファン」を補充できるのですが、その「トリプトファン」をセロトニンに生成(加工)する工程も意識しなければなりません。

言わば、セロトニンに生成(加工)する工程のお話です。

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることで、セロトニンが増加します。

天気の良い日に、公園などに出かけた時、太陽の光を浴びて、伸びなどをしながら気持ちよさを実感することありませんか?

あれは、体内でセロトニンが生成されている証拠なんですよ。

どれぐらい浴びればいい?

一日、最低でも20分程度の時間、太陽の光を浴びましょう。

窓越しの光も効果ある?

外出できない時もあると思いますが、そんな時は窓を開けたり、ベランダなどに出て太陽の光を浴びることでも、効果はあります。

曇りの日はどうなる?

一見すると、太陽が出ていないので光を浴びられないと思われがちですが、実はそうではないのです。

曇り空の日であっても、外に出たりするだけで、太陽の光を浴びるのと同様の効果が期待できるのです。

リズム運動をする

運動は運動でも、「リズム運動」です。

「リズム運動」とは何かと申しますと、一定のリズムを刻む運動のことで、

  • ウォーキング
  • ランニング
  • 階段昇降
  • ダンス(マンボ、ルンバ、ブルースなど)
  • 自転車
  • 太極拳

などが代表例です。

リズム運動はどれぐらやると効果的なの?

どの運動の場合も、運動を始めて5分後くらいからセロトニン濃度が高まり、20~30分でピークに達します。

それ以上運動を続けて、疲れたと感じるレベルになると、かえってセロトニンの機能は低下します。

セロトニンUP効果視点ではなく、ダイエット目的などでは、もう少し運動量は増やす必要がありますね。

また、自分にとってきついと感じる激しい運動や、苦手な運動の場合も効果は期待できません。

やっていて、気持ちよくないからです。

何事も、気持ち良くないと、効果は限定的ということなんですね。

また、運動は一人よりも、複数でやったほうが、より効果的です。

複数でやると、オキシトシンというホルモンも分泌され、より幸福感を味わえるからです。

オキシトシンとは別名「愛情ホルモン」と呼ばれております。

他者とのスキンシップで分泌されるホルモンで、脳をストレスから守ったり、自律神経を整えたりする効果があります。

運動全般が苦手というあなたには・・・

そんなアナタには、「咀嚼(そしゃく)」がおススメ

「咀嚼」とは、そうモグモグ噛むこと。

よくガムを噛むことで、リラックス効果があるっていいますよね。

これは、ガムを噛むことでセロトニンが生成されて、リラックスできるからなんです。

20分程度噛んでいることで、効果が実感できるようになります。

ビジネスシーンなどでは、なかなかガムを噛みにくいかもしれませんが、最近はマスクが定着していますから、うまくごまかしながら噛んでみてください。

私は、普通に仕事中にガムを噛んでいますけどね。

トリプトファンを摂る

そして最後が、既にご紹介した「トリプトファン」を摂るということ。

その最強食材がバナナでした。

バナナはそのまま、かぶりついてももちろん良いのですが、より吸収しやすい状態にすることで、効果が高まります。

ここで、私タツヤのバナナと食し方をご紹介します。

タツヤのバナナの摂り方

私は、毎朝の朝食時スムージーにして、摂る様にしています。理由は、吸収率を高めるためです。

スムージーに使うバナナ以外の食材は、

  • ブロッコリースプラウト
  • オートミール
  • 牛乳

そしてバナナの4種です。

ブロッコリースプラウトはこだわりがあり、村上農園の「スーパーブロッコリースプラウト」です。

ブロッコリースプラウトのグレイトな栄養素である、ファイトケミカルの「スルフォラファン」の含有量が多いのです。

ファイトケミカルとは、植物に含まれる天然の化学成分の総称で、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維につづく第7の栄養素とも呼ばれています。

村上農園のスーパーブロッコリースプラウトはこのスルフォラファンの含有量がめちゃくちゃ多いんです。

スムージーにすると、細胞を破壊し、スルフォラファンの吸収を促進してくれます。

スーパーなどで、200円程度で購入できます。

まとめ

今回は、男性更年期障害とバナナの関係についてまとめてみました。

バナナは、男性更年期障害の「うつ症状」に効きます。

それは、幸せホルモンであるセロトニンが増えるからです。

セロトニンの原料であるトリプトファンをバナナは多く含んでいますからね。

バナナは、安くて、どこでも手に入り、しかも美味しいという、とても優秀な食材です。

そして、セロトニンをさらに効果的に増やすには、陽の光を浴びて、リズム運動をするようにしてください。

陽の光は、窓越しでもOKです。さらには曇りの日でも効果はあります。

リズム運動は、ウォーキングやランニング、サイクリングなどが一般的。運動が苦手な人は咀嚼をしましょう。ガムを噛んでも効果があります。

皆さんも、毎日バナナを1本摂るようにして、セロトニンをダクダク分泌させてください。

そして、男性更年期障害の「うつ症状」をやっつけましょう!

男性更年期障害の克服に必要なのは「ひとりじゃない」と思えること

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
タツヤ
タツヤ
男性更年期障害予防改善アドバイザー
1971年生まれ。
2010年頃から動悸、めまい、発汗、倦怠感などの症状に悩まされる。
様々な病院で検査を受けるも原因が分からず『診断難民』状態に。
その間、体調は