朝勃ちの秘密を知っていますか?男性更年期障害を予防するために知っておきたいこと

otokono-kounenki

朝勃ちは、男性の健康状態、つまりメンズヘルスの状態を示す重要な指標の一つです。朝勃ちが起こるのは、睡眠中に自律神経が交感神経から副交感神経に切り替わるときです。副交感神経は、血管を拡張させて血流を増やす働きがあります。そのため、陰茎にも血液が流れ込み、勃起するのです。朝勃ちが起こらないということは、副交感神経の働きが低下しているか、陰茎の血管に何らかの問題があるか、精神的なストレスや不安があるか、などの可能性があります。朝勃ちは、男性の性機能や心身の健康に関係する重要な現象なんです。今回は、そんな重要なバロメーターである朝勃ちをテーマにまとめました。超真面目な内容です。

朝勃ちとは何か?そのメカニズムと意味を知ろう

朝勃ちとは、夜間勃起現象と呼ばれる睡眠中の勃起の最終段階で、レム睡眠(浅い眠り)の時に起こる生理現象です

レム睡眠中は自律神経が活発になり、陰茎海綿体というスポンジ状の組織に血液が流れ込み、ペニスが膨張します。

この時に目が覚めたら、朝勃ちとなります。

朝勃ちのメカニズムは、生殖機能を維持するための試運転と言えます。

陰茎海綿体は、勃起しないでいると固くなってしまい、勃起力が低下します。

これを防ぐために、睡眠中に自動的に勃起を繰り返して海綿体を柔軟に保つのです。

朝勃ちは、健康な男性なら誰でも起こる現象ですが、加齢やストレス、疲労、生活習慣病などの影響で減少したり消失したりすることがあります。

朝勃ちがないということは、男性更年期障害や動脈硬化などのサインかもしれません。

朝勃ちをチェックすることは、ペニスの健康や全身の健康を知るための重要な指標と言えるのです。

朝勃ちがないとどうなるか、男性更年期障害の症状とリスクを知ろう

朝勃ちとは、睡眠中に起こる夜間勃起現象の最終段階で、健常な成人男性には誰にでも起こる生理現象です。

朝勃ちは、生殖機能を維持するための「試運転」です。

筋肉は使わないと萎縮してしまうので、勃起しない期間が長くなると必要な筋肉が衰えて、勃起不全(ED)になりやすくなります。

朝勃ちがなくなるということは、男性ホルモンのテストステロンの分泌が低下している可能性があります。

テストステロンは、男性の性機能だけでなく、筋力や骨密度、認知力や意欲などにも関係する重要なホルモンです。

テストステロンの低下によって引き起こされる心身の不調を男性更年期障害と呼びます。

男性更年期障害の症状は個人差がありますが、主なものは以下の通りです。

体の症状

筋力低下や関節痛、異常発汗やほてり、肥満や頻尿、性欲減退やEDなど

心の症状

健康感の減少や興味・意欲の喪失、不眠や不安感、うつ症状や集中力・記憶力の低下など

男性更年期障害は、加齢だけでなく、生活習慣や社会的な活動にも影響されます。テストステロンは「社会性ホルモン」とも呼ばれており、社会的な役割や認められることで分泌が増えることがあります。

逆に、定年後やストレスが多い場合は分泌が減少しやすくなります。

男性更年期障害は放置すると、深刻な病気につながるリスクが高まります。

テストステロンには臓器の機能を維持し、炎症を抑える作用があります。

テストステロンが減少すると、中性脂肪やコレステロールの代謝が低下したり、内臓脂肪や皮下脂肪が増えたりします。

その結果、肥満や糖尿病、脂質異常症、高血圧などの生活習慣病を発症するリスクが高まります。

また、動脈硬化も進行しやすくなり、心筋梗塞や脳卒中といった命に関わる病気のリスクも高まります。

さらに、テストステロンには認知機能を高める作用もあるので、減少することで認知症につながるおそれもあります。

男性更年期障害の可能性があるかどうかは、セルフチェックや血液検査で調べることができます。

セルフチェックでは、「性欲が低下した」「勃起力が弱くなった」などの項目に該当するかどうかを確認します。

血液検査では、テストステロンの値が300~350ng/dL以下であるかどうかを見ます。

男性更年期障害の治療法は、原因や症状によって異なりますが、主なものは以下の通りです。

テストステロン補充療法

テストステロンの分泌が不足している場合は、外部からテストステロンを補充する方法です。注射やパッチ、ゲルなどの形態があります。

エナルモンデポーという保険適用のテストステロン注射が一般的です。

私(運営者)もエナルモンデポーの治療を続けています。

効果的にテストステロンの値を上げることができますが、副作用や禁忌もありますので、主治医の指示に従って行ってくださいね。

生活習慣の改善

運動や食事、睡眠などの生活習慣を見直すことで、テストステロンの分泌を促進したり、生活習慣病の予防・改善に役立ちます。

運動は筋力トレーニングや有酸素運動を組み合わせて行うと効果的です。

食事は野菜や果物、魚や大豆製品などを多く摂り、肉や油脂類は控えめにしましょう。

睡眠は6~8時間程度を目安にし、質の良い睡眠をとることが重要です。

私(運営者)は、7時間睡眠を厳守しています!

精神的なケア

ストレスや不安感、うつ症状などを抱えている場合は、カウンセリングや心理療法などで精神的なケアを受けることがおすすめです。

家族や友人とのコミュニケーションや趣味などでリラックスすることも大切です。

朝勃ちがないということは、男性更年期障害のサインかもしれません。

朝勃ちはムスコからの大切なメッセージですので、無視せずに注意深く観察しましょう。もし心身に不調を感じたら、早めに医療機関に相談してくださいね。

朝勃ちが減る原因は何か、加齢や生活習慣の影響を知ろう

朝勃ちが減る原因は、主に以下の3つが考えられます。

テストステロンの低下

テストステロンは、性欲や性機能を司る重要なホルモンです。

しかし、加齢とともに分泌量が減少し、40代以降では約半分になります。

テストステロンが不足すると、朝勃ちや勃起力が低下したり、性欲が減退したりします。

また、男性更年期障害と呼ばれる心身の不調も引き起こします。

血管の老化

朝勃ちや勃起は、陰茎の海綿体という組織に血液が流れ込むことで起こります。

しかし、血管が老化すると、動脈硬化や血流不良などの血管障害が起こりやすくなります。

血管障害は、陰茎だけでなく全身に及びます。

そのため、朝勃ちが減るということは、心臓や脳などの重要な臓器の血管も悪化している可能性があります。

精神的なストレス

朝勃ちは無意識に起こる生理現象ですが、精神的なストレスは朝勃ちにも影響します。

ストレスは自律神経のバランスを崩し、交感神経が優位になります。

交感神経は緊張や興奮を司る神経で、勃起を抑制する働きがあります。

そのため、ストレスが多いと朝勃ちや勃起がしにくくなります。

朝勃ちが減る原因の多くは、加齢や生活習慣によって引き起こされます。

そのため、以下のような対策を行うことで、朝勃ちを改善することができます。

テストステロン補充療法

男性ホルモンの低下が原因であれば、テストステロン補充療法を受けることで朝勃ちや性機能を回復することができます。

テストステロン補充療法は注射やパッチ、ゲルなどの方法で行われます。ただし、副作用や禁忌もありますので、医師の指示に従って行ってください。

テストステロン補充療法のレビューは、コチラの記事で詳しく解説してしていますので、良かったらご覧ください。

合わせてお読みください
保険適用テストステロン補充薬エナルモンデポーを注射した件
保険適用テストステロン補充薬エナルモンデポーを注射した件

生活習慣の改善

血管の老化やストレスを防ぐためには、生活習慣の改善が必要です。

運動は筋力トレーニングや有酸素運動を組み合わせて行うと効果的です。

運動は血流を促進し、テストステロンの分泌も増やします。

食事は野菜や果物、魚や大豆製品などを多く摂り、肉や油脂類は控えめにしましょう。

食事は血管の健康に影響する栄養素を摂ることが大切です。

睡眠は6~8時間程度を目安にし、質の良い睡眠をとることが重要です。

睡眠はテストステロンの分泌や自律神経の調整に必要です。

精神的なケア

ストレスを解消するためには、精神的なケアが必要です。

カウンセリングや心理療法などで専門家の助けを受けることもおすすめです。

また、家族や友人とのコミュニケーションや趣味などでリラックスすることも大切です。

朝勃ちが減るということは、男性の健康にとって重要なサインです。

朝勃ちはムスコからの大切なメッセージですので、無視せずに注意深く観察しましょう。もし心身に不調を感じたら、早めに医療機関に相談してください。

 朝勃ちをチェックする方法は何か?自分でできる簡単なテストを知ろう

スタンプ法

就寝時に勃起していない状態の陰茎に4~5枚の連なった切手を巻き付けておき、起床時に切手シートが切れているかどうかを確認する方法です。

切れていれば夜間陰茎勃起現象が起きていることを示します。

ペニスリング法

就寝時に勃起していない状態の陰茎にペニスリングを装着しておき、起床時にペニスリングが外れているかどうかを確認する方法です。

外れていれば夜間陰茎勃起現象が起きていることを示します。

ジェクスメーター法

ジェクスメーターは、陰茎の太さを測定するための輪っか状のメジャーです。

就寝前に陰茎の根本に装着し、夜間勃起が起こると数値が増える仕組みになっています。

夜間勃起があるかどうかを調べるために使われることがあります。

スタンプ法やペニスリング法は安全なの?

スタンプ法は、切手シートが切れない場合に陰茎に締め付けられてしまう可能性があります。また、切手シートの粘着剤が陰茎に残ってしまうこともあります。

ペニスリング法は、サイズが合わなかったり、長時間装着したままにしたりすると、陰茎に強い負荷がかかり、血流障害や鬱血を引き起こす可能性があります。最悪の場合、陰茎が壊死してしまうこともあります。

どちらの方法も、自己判断で行うのではなく、医師の指導のもとで行うべきです。

また、装着時間は30分以内にしましょう。

痛みや不快感を感じたらすぐに外して下さいね。

【参考】勃起系の調査手法

ここからは、朝勃ちに限らず、勃起に関する調査方法についてご紹介しておきますね。

国際勃起機能スコアIIEF-5

ED(勃起障害)のスクリーニングや治療の効果判定に使われる問診票です。

5つの質問に答えて合計点数を算出し、その点数によってEDの程度を判断します。

IIEF-5は、男性自身の勃起機能だけでなく、女性パートナーの性的満足感や生活満足度にも関係しているとされています。

IIEF-5は以下のような内容です。

  • 勃起を維持する自信の程度はどれくらいありましたか?(1~5点)
  • 性的刺激による勃起の場合、何回挿入可能な硬さになりましたか?(0~5点)
  • 性交中、挿入後何回勃起を維持できましたか?(0~5点)
  • 性交中に性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか?(0~5点)
  • 性交を試みた時に、何回満足できましたか?(0~5点)

合計点数が22~25点なら正常、17~21点なら軽度ED、12~16点なら中等~軽度ED、8~11点なら中等度ED、5~7点なら重度EDと判断されます。

EHS(勃起硬度スコア)

勃起の硬さを4段階で評価する自己診断型のスケールです。

EHSはIIEF-5と強く相関し、男性自身の自信や満足度にも関係しています。

SHIM(性的健康発育指数)

IIEF-5と同じ5つの質問からなる問診票ですが、点数の配分が異なります。

SHIMはIIEF-5とほぼ同じ結果を示します。

FSFI(女性性機能指数)

女性性機能障害の指標で、男性パートナーの勃起機能と相関があるとされています。

女性による男性の勃起機能の評価にも使われることがあります。

朝勃ちを改善する方法は何か?男性ホルモンを増やす食事やサプリメントを知ろう

朝勃ちとは、睡眠中のレム睡眠(浅い眠り)の時間帯に無意識に起こる勃起のことで、性機能を維持するための体のメンテナンス機能です。

朝勃ちが減ると、男性ホルモン(テストステロン)の分泌減少や血管障害などが原因で、ED(勃起不全)や男性更年期障害(LOH症候群)などの病気の前兆である可能性があります。

朝勃ちを改善する方法としては、以下のようなものがあります。

リンパマッサージ

リンパ液内に存在する異物や老廃物を排出し、血流を良くすることで、疲労回復や勃起力向上が期待できます。

股関節のストレッチ

股関節を柔らかくすることにより、血流が改善され、勃起力向上が期待できます。

睡眠の質と量の確保

睡眠不足は男性ホルモンの分泌を低下させるため、十分な睡眠時間を取ることが重要です。

健康的な食生活

ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足すると、男性ホルモンの合成に影響します。

また、過度な塩分や脂質の摂取は血圧やコレステロール値を上昇させ、動脈硬化を引き起こす可能性があります。

適度な運動

運動は男性ホルモンの分泌を促進し、血行を良くする効果があります。

しかし、過度な運動は逆効果になることもあるので、自分に合った強度と時間を見つけることが大切です。

朝勃ちを促す方法は何か?血流や神経系を活性化する運動やマッサージを知ろう

朝勃ちとは、睡眠中に無意識に起こる勃起のことで、男性の健康のバロメーターとも言われます。

朝勃ちが減ると、男性ホルモンの低下や血管障害などの病気の前兆である可能性があります。

朝勃ちを促す方法としては、以下の5つが挙げられます。

適度な運動をする

運動は血流や神経系を活性化し、男性ホルモンの分泌を促進します。

特に骨盤底筋トレーニングは勃起力を改善する効果があります。

健康的な食事をする

亜鉛やビタミンEなどの栄養素は男性ホルモンの生成に必要です。

また、動脈硬化を防ぐために、脂っこい食べ物や塩分の多い食べ物は控えましょう。

睡眠をしっかりとる

睡眠不足はストレスや疲労を引き起こし、男性ホルモンの分泌を低下させます。

また、朝勃ちはレム睡眠時に起こるので、睡眠時間や質を確保することが大切です。

タバコやアルコールを控える

タバコは血管を収縮させ、アルコールは男性ホルモンの分泌を抑制します。

どちらも勃起力に悪影響を及ぼすので、過度な摂取は避けましょう。

積極的にセックスやオナニーをする

セックスやオナニーは陰茎海綿体に血液を流し込み、柔軟性を保つ効果があります。

射精はしなくても、勃たせるだけでも効果はありますからね。

また、射精は前立腺がんの予防にもなります。

まとめ

朝勃ちとは、睡眠中に自動的に起こる勃起のことで、夜間勃起現象の一部です。

朝勃ちは、性器の健康を維持するための試運転と言えます。

朝勃ちがないと、海綿体が固くなり、勃起力が低下します。

また、動脈硬化や生活習慣病の進行のサインにもなります。

朝勃ちが減る原因には、加齢や男性ホルモンの低下、ストレスや疲労、不規則な睡眠などがあります。

朝勃ちをチェックする方法には、自分で触って硬さや大きさを確認する方法や、テープや紙切れなどをペニスに巻いて夜間に切れているかどうかを見る方法などがあります。

また、AMSスコアという問診票で男性更年期障害の可能性もチェックできます。

朝勃ちを改善する方法には、男性ホルモンを増やす食事やサプリメントがあります。

例えば、亜鉛やビタミンDなどが含まれる食品や、トンカットアリやマカなどの植物由来の成分が有効です。

朝勃ちを促す方法には、血流や神経系を活性化する運動やマッサージがあります。

例えば、骨盤底筋トレーニングや有酸素運動、陰茎周辺のストレッチやマッサージなどが効果的です。

朝勃ちは男性の健康に重要な役割を果たしています。

日々勃起してペニスの健康を守りましょう。

勃たしてナンボです!