射精障害は男性更年期障害の一つ?その原因と症状、そして効果的な治療法を紹介

otokono-kounenki

男性にとって、射精障害は深刻な悩みの一つです。射精障害とは、射精が遅い、早すぎる、できない、痛いなどの症状を指します。これらの症状は、男性更年期障害の一つとして認識されるようになっています。男性更年期障害とは、40代以降の男性に起こるホルモンバランスの変化やストレスなどによる心身の不調を総称したものです。射精障害の原因と症状は、心理的要因と生理的要因の両方にあります。しかし、射精障害は治せるものです。効果的な治療法としては、薬物療法とカウンセリングの組み合わせがおすすめです。この記事では、射精障害について詳しく解説し、男性の悩みを解決するためのアドバイスをお伝えします。

射精障害とは何か?男性更年期障害の一つとして認識される理由 

あなたは、射精に関する悩みを抱えていませんか?

射精障害とは、勃起はできても正常な射精ができない状態のことをいいます。

射精障害には、早漏、膣内射精障害、神経性射精障害、逆行性射精障害などの種類があります。

これらの症状は、男性の性機能や性生活に大きく影響するだけでなく、心理的なストレスやコンプレックスにもつながります。

しかし、あなたが思っているほど、射精障害は珍しいものではありません。

実は、射精障害は、40代以降の男性に多く見られる男性更年期障害の一つとして注目されています。

程度の差こそあれ、”ほぼ”100%に近い40代以降の男性が、何らかの射精障害の症状を経験しているのではないでしょうか。

男性更年期障害とは、加齢に伴う男性ホルモンの減少やストレスなどによって引き起こされる心身の不調を総称したものです。

男性更年期障害には、射精障害以外にも勃起不全や性欲減退などの性的な症状や、イライラや不安などの精神的な症状があります。

これらの症状は、個人差はありますが、40代から60代の男性の約3割に見られると言われています。

つまり、あなただけではないのです。

街中ですれ違う、この世代の男性の中にも、射精障害に悩んでいる人が大勢いるはずです。

射精障害や男性更年期障害を知ることで、自分の体や心の変化を正しく理解し、適切な対処法を見つけることができます。

この記事では、射精障害の原因と症状について詳しく解説します。

あなたの悩みを解決するために必要な情報をお伝えしますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

射精障害の原因と症状:心理的要因と生理的要因の両方に着目しよう 

射精障害とは、勃起はできるのに正常な射精ができない状態のことです。

射精障害は男性不妊症の原因にもなります。

射精障害には、早漏、膣内射精障害、神経性射精障害、逆行性射精障害などがあります。

これらの症状は、男性の自信や満足感を損なうだけでなく、パートナーとの関係や妊娠の可能性にも影響します。

射精障害の原因は様々ですが、心理的要因と生理的要因の両方が関係しています。

心理的要因としては、過度な性的刺激や不安感、パートナーとのコミュニケーション不足や信頼関係の欠如、自己評価や自信の低さなどが考えられます。

生理的要因としては、加齢に伴う男性ホルモン(テストステロン)の減少やストレスホルモン(コルチゾール)の増加などが関係しています。

また、前立腺や膀胱の手術、糖尿病や多発性硬化症などの神経系疾患、抗うつ薬や降圧剤などの薬物作用なども影響することがあります。

射精障害の症状は、個人差や状況によって異なります。

詳しく解説いたしますね。

早漏

性行為の最中に、自分やパートナーの意思とは関係なく、1分以内に射精してしまうことをいいます。

早漏は、セロトニン不足や性的刺激に対する過敏さなどが原因で起こることがあります。

早漏を改善するには、早漏防止薬を服用したり、射精感が高まったら動きを止めるストップ&スタート法などの行動療法を行うことが有効です。

膣内射精障害

マスターベーションでは射精できるのに、女性の膣内で射精できないことをいいます。

膣内射精障害は、不適切なマスターベーションや心理的なプレッシャーなどが原因で起こることがあります。

膣内射精障害を改善するには、マスターベーションの方法を修正したり、カウンセリングやリラクゼーションなどで心理的なサポートを受けることが必要です。

神経性射精障害

脊髄損傷や糖尿病などの神経障害によって、射精反射が失われてしまうことをいいます。

神経性射精障害は、電気刺激や振動刺激などで人工的に射精を誘発することで対処することができます。

また、精巣から直接精子を採取する方法もあります。

逆行性射精障害

前立腺の手術や薬剤の副作用などによって、射精時に精液が膀胱に逆流してしまうことをいいます。

逆行性射精障害は、原因となっている要因を取り除くことが最善の治療法ですが、それが困難な場合は、尿中から精子を回収する方法もあります。

射精障害は、男性更年期障害(40代以降の男性に起こる身体的・心理的・社会的な変化や不調)の一つとして認識されるべきです。

男性更年期障害では、男性ホルモン(テストステロン)の減少やストレスなどが原因で勃起不全や低下した性欲だけでなく、イライラや不安感、抑うつ気分なども引き起こします。

これらは射精障害を悪化させる可能性があります。

40代以降の男性は、自分の身体や心理に変化を感じたら無視せずに医療機関を受診しましょう。

医師に相談することで、自分に合った治療法を見つけることができます。

また、パートナーとのコミュニケーションやリラクゼーションも大切です。

射精障害は治せる問題ですからね。

男性の悩みを解決するために、まずは一歩を踏み出してみましょう。

射精障害の効果的な治療法:薬物療法とカウンセリングの組み合わせがおすすめ

射精障害を改善するためには、原因に応じた治療法を選ぶことが重要です。

射精障害の原因は心理的要因と生理的要因の両方が関係していますが、一般的には心理的要因が大きいと考えられます。

そのため、薬物療法だけでなく、カウンセリングも併用することがおすすめです。

薬物療法では、射精障害の種類や症状に応じて、早漏防止薬やED治療薬などを服用します。

早漏防止薬は、セロトニンの働きを調整して射精感を遅らせる効果があります。

ED治療薬は、陰茎の血流を増やして勃起力を高める効果があります。

これらの薬物は即効性が高く、安全性も確認されています。

ただし、副作用や相互作用に注意する必要があります。

また、薬物だけでは根本的な解決にはなりません。

カウンセリングでは、射精障害の背景にある心理的問題を解決することを目指します。

心理的問題としては、過度な性的刺激や不安感、パートナーとのコミュニケーション不足や信頼関係の欠如、自己評価や自信の低さなどが考えられます。

カウンセリングでは、これらの問題に対してプロのカウンセラーがアドバイスやサポートを行います。

また、パートナーと一緒にカウンセリングを受けることで、相互理解や協力関係を深めることもできます。

薬物療法とカウンセリングの組み合わせは、射精障害の治療において最も効果的な方法です。

薬物療法は、射精障害の症状を速やかに改善し、カウンセリングは、射精障害の原因となる心理的問題を根本から解決し、再発防止に役立ちます。

また、カウンセリングは、自分自身やパートナーとの関係性をより良くすることで、性生活の質を向上させる効果もあります。

40代以降の男性は、自分の身体や心理に変化を感じたら、無視せずに医療機関を受診しましょう。

医師に相談することで、自分に合った治療法を見つけることができます。

また、パートナーとのコミュニケーションやリラクゼーションも大切です。

射精障害は治せる!男性の悩みを解決するためのアドバイス

射精障害は、男性の自信やパートナーとの関係に影響を与える深刻な問題です。

射精障害は決して恥ずかしいことではなく、治療可能な病気です。

あなたの悩みを解決するために、今日からできることをお伝えしますね。

今日からできること:健康的な生活習慣を心がける

射精障害の原因の一つに、生活習慣の乱れがあります。

特に、喫煙や飲酒、運動不足、肥満、睡眠不足などは、血管や神経の働きを悪化させ、射精機能に影響を与えます。

また、ストレスや不安も射精障害の引き金となります。

そこで、以下のような健康的な生活習慣を心がけることが予防法として有効です。

  • 喫煙や飲酒は控える
  • バランスの良い食事を摂る
  • 有酸素運動を定期的に行う³
  • 十分な睡眠をとる
  • ストレスや不安を解消する

明日からできること:医療機関で相談する

射精障害は一人で悩まずに医療機関で相談することが改善法として最も重要です。

あなたは恥ずかしがらずに、勇気を出して医師に相談してください。

射精障害には様々な種類があり、原因や症状に応じた治療法が異なります。

医師に相談することで、自分に合った治療法を見つけることができます。

また、パートナーと一緒に相談することで、相互理解や協力関係を深めることもできます。

射精障害の治療法には、薬物療法や行動療法などがあります。

薬物療法では、早漏防止薬やED治療薬などを服用したり塗布したりして射精時間を調整します。

行動療法では、ストップ&スタート法などで射精感覚をコントロールする訓練を行います。

また、心理的要因が強い場合はカウンセリングも併用することがおすすめです。

まとめ

射精障害は、性的刺激を受けて勃起するものの射精ができない、あるいは射精に問題がある状態です。

射精障害には、腟内射精障害、無射精、逆行性射精、早漏、遅漏などがあります。

射精障害は、男性の自信やパートナーとの関係に影響を与えるだけでなく、不妊や男性更年期障害の原因にもなりえます。

男性更年期障害とは、40代以降の男性に起こる身体的・心理的・社会的な変化や不調のことで、男性ホルモン(テストステロン)の減少やストレスなどが関係しています。

射精障害の原因としては、心理的要因や生理的要因の両方が考えられます。

心理的要因には、不安や恐怖、罪悪感、パートナーとの関係などがあります。

生理的要因には、糖尿病や神経障害、前立腺手術や薬剤の副作用などがあります。

射精障害の効果的な治療法には、薬物療法やカウンセリングの組み合わせがおすすめです。薬物療法では、早漏防止薬やED治療薬などを服用したり塗布したりして射精時間を調整します。

カウンセリングでは、心理的問題やパートナーとのコミュニケーションを改善します。

また、子作りを希望する場合は、精巣内から精子を採取する方法もあります。

射精障害は一人で悩まずに医療機関で相談することが大切です。

あなたは必ず治せます!男性の悩みを解決するために一歩踏み出してみましょう。

参考文献・関連サイト

  1. Andrology Practice at Teikyo Univ(「射精障害(分類と対処法)」)
  2. 男女精力剤専門店あかひげ薬局(「射精障害とは?概要・勃起障害との違いなどをわかりやすく解説」)
  3. 浜松町第一クリニック(「射精障害について」)
  4. プライベートケアクリニック東京(「射精障害について」)
  5. イースト駅前クリニック(「ED治療」)
  6. ABCクリニック(「膣内射精障害とはどのような症状か。主な原因と対処法について
    」)
  7. ココロの窓口(「薬物療法とカウンセリングの違いとは」)
  8. がんと生活のこと(「射精障害」)

男性更年期障害の克服に必要なのは「ひとりじゃない」と思えること

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
タツヤ
タツヤ
男性更年期障害予防改善アドバイザー
1971年生まれ。
2010年頃から動悸、めまい、発汗、倦怠感などの症状に悩まされる。
様々な病院で検査を受けるも原因が分からず『診断難民』状態に。
その間、体調は悪化するばかり。
2019年頃から体調不良(不定愁訴)が顕著に現れる。
2022年11月ホルモン検査の結果、男性更年期障害の診断を受ける。
以降、テストステロン補充療法を中心に治療を続け、合わせてテストステロンをアップさせるための生活習慣の改善に取り組み、2023年11月時点、テストステロン値も正常になり、男性更年期障害の症状は改善する。
現在は、自身の経験を活かし、SNS(X【旧Twitter】)やblog、同じ悩みを持つ方々によるコミュニティ、さらには各種メディア出演など通じて、男性更年期障害を中心としたメンズヘルスに関する情報を発信している。

【メディア】
■ちぇぶらチャンネル(NPO法人ちぇぶら)
■BSS NEWS テレポート山陰(BSS山陰放送)
■スーパーJチャンネル(テレビ朝日)※2023/11/24放送
■スーパーJチャンネル(IAT岩手朝日テレビ)
■モーニングショー(テレビ朝日) ※2024/1/19放送
■Yahoo!Japan NEWS
■TBS NEWS DIG
■ぶんか社 comicタント(vol.50) 漫画(熊田プウ助『中年肉体百科』)の原作協力
■週刊SPA!(2024年 1/16・23号)
ほか

※詳細はアイコンをクリック(タップ)  
Recommend
こんな記事も読まれています!