対処(cope)

夏の暑さがヤバイっ!この激暑で男性更年期障害悪化のリスクが高まる!!天候が引き起こす身体的・精神的な変化と対処法

otokono-kounenki

今年(2023)の夏は、例年以上に暑い・・・猛暑いや酷暑、いやいや、ここまでくると”激暑”です。

この記事を執筆しているのは9月の中旬過ぎですが、35度を余裕で超える日が続いています。まさに、地球沸騰です。

この暑さによって注意すべきはもちろん熱中症ですが、じつはそれだけではありません。この暑さが、男性更年期障害を悪化させる可能性があることをご存知でしょうか?

男性更年期障害とは、テストステロンの減少によって身体や心にさまざまな不調が現れる状態のことですが、実は天候にも大きく左右されるのです。天候の変化に伴い、気温や気圧、湿度も変化しますが、その変化は、自律神経やホルモンバランスに影響を与え、症状を悪化させる可能性があります。では、具体的にどのような症状が出るのでしょうか?

この記事では、男性更年期障害と天候の関係を科学的に解説します。夏の暑さが男性更年期障害に及ぼす影響や、暑さに負けないための対策法も紹介します。あなたの健康や生活の質を向上させるために、ぜひ読んでみてください。

天候が男性更年期障害の症状に与える影響とは?

男性更年期障害の症状は、主にテストステロンの減少によって引き起こされますが、それだけではありません。

実は、天候の変化も男性更年期障害の症状に大きな影響を与えることがあります。

天候の変化とは、気温や気圧、湿度などの気象要素のことです。

これらの要素は、私たちの体にとって重要な役割を果たしています。

例えば、気温は体温調節に関係し、気圧は血圧や呼吸に関係し、湿度は発汗や皮膚の水分に関係します。

気象要素が身体に与える影響
  • 気温は体温調節に関係
  • 気圧は血圧や呼吸に関係
  • 湿度は発汗や皮膚の水分に関係

これらの要素が急激に変化すると、私たちの心身はその変化に対応しようとします。

しかし、その対応がうまくいかない場合や、過剰に反応する場合があります。

その結果、自律神経やホルモンバランスに乱れが生じ、男性更年期障害の症状を悪化させる可能性があるのです。

自律神経とは、心臓や血管、内臓などの体の機能を自動的に調節する神経系のことです。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類がある

交感神経は、体を活動的な状態にするために働きます。

例えば、心拍数や血圧を上げたり、筋肉を緊張させたりします。

一方、副交感神経は、体をリラックスさせるために働きます。

例えば、心拍数や血圧を下げたり、筋肉を弛緩させたりします。

通常は、これらの2つの神経がバランスよく働いていますが、天候の変化でそのバランスが崩れることがあります。

特に影響を受けやすいのが気圧です。

普段意識することはありませんが、私たちの心身は知らぬ間に影響を受けています。

気圧とは、大気が地表面に及ぼす圧力のことです。

気圧が低くなると、空気中の酸素濃度も低くなります。

また、血管も拡張しやすくなります。

そのため、血圧も下がりやすくなるのです。

これらの現象は、自律神経のバランスを乱すことにつながります。

自律神経のバランスが乱れるとどうなるでしょうか?

まず、心臓や血管に負担がかかります。

心臓は酸素不足を補おうとして必要以上に働きます。

そのため、動悸や息切れなどの症状が出ることがあります。

また、血管は拡張したまま収縮しなくなります。

そのため、頭痛やめまいなどの症状が出ることがあります。

更に、内臓にも負担がかかります。

内臓は酸素不足によって機能が低下します。

そのため、胃腸の不調や食欲不振などの症状が出ることがあります。

また、精神にも負担がかかります。

精神は酸素不足によって神経伝達物質の分泌が乱れます。

そのため、イライラや不安などの症状が出ることがあります。

もう、お分かりですね。

これらの症状は、男性更年期障害の症状と重なるものが多いです。

つまり、天候の変化は、男性更年期障害の症状を悪化させる可能性があるということです。

驚きなのが、気圧の低下は、テストステロンの分泌を低下させることもあるということです

気圧の低下がテストステロン分泌に影響を与えるメカニズムについて、少し詳しく解説いたしますね。

気圧の低下は、以下の生理的メカニズムに影響を与えます。

  • ストレスホルモンであるコルチゾールが増えます。

コルチゾールはストレスホルモンと呼ばれ、ストレスを感じると副腎から分泌されます。

コルチゾールはテストステロンの分泌を抑制することが知られています。したがって、コルチゾールが過剰に分泌されると、テストステロンの減少につながる可能性があります。

  • 体内の酸素濃度を低下させることで、血液中の赤血球やヘモグロビンの量を減らします。

これにより、血液の循環が悪くなり、心拍出量や循環血液量が減少します。

この状態では、精巣への血流も減少し、テストステロンの合成や分泌が低下する可能性があります。

  • 気圧が低いと、体温が下がりやすくなります。

気圧の低下は、体温調節にも影響を与えます。

気圧が低いと、体温が下がりやすくなります。

体温が下がると、代謝が低下し、エネルギー消費が減少します。

この状態では、テストステロンの分泌を促すホルモンである視床下部から分泌されるゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)や下垂体から分泌される黄体形成ホルモン(LH)の分泌も低下する可能性があります。

このように、気圧の低下は、血液循環や体温調節などの生理的なメカニズムを通じて、テストステロンの分泌に影響を与えると考えられます。

このように、天候の変化は、男性更年期障害の症状に与える影響はです。

しかし、天候の変化が男性更年期障害の症状に影響を与える可能性があるということを知っていれば、対策をすることもできますからね。

次項では、夏の暑さと男性更年期障害の危険な関係について詳しく解説します。

夏は、特に男性更年期障害に注意すべき季節です。

なぜなら、夏の暑さは、気温や気圧だけでなく、湿度や紫外線などの要素も加わって、余計に心身に影響を与えるからです。

夏の暑さが男性更年期障害に及ぼす影響や、暑さに負けないための対策法を知っておくことで、あなたは健康や生活の質を向上させることができます。

夏の暑さと男性更年期障害の危険な関係。酷似する熱中症の症状と予期不安に注意しよう

前項では、天候の変化が男性更年期障害の症状に与える影響について解説しました。

特に、気圧の低下は、自律神経やホルモンバランスに乱れをもたらし、テストステロンの分泌を低下させることもあります。

ここでは、天候でも、近年の猛暑、酷暑・・・いや激暑と言えるほどの夏の暑さと、男性更年期障害の危険な関係について詳しく説明します。

夏の暑さは、気温や気圧だけでなく、湿度や紫外線などの要素も加わって、あなたの心と体に影響を与えます。

夏の暑さが男性更年期障害に及ぼす影響や、暑さに負けないための対策法を知っておくことで、あなたは健康や生活の質を向上させることができますからね。

ということで、さっそく本題に。

夏の暑さが男性更年期障害に及ぼす影響とは何だと思いますか?

まず、気温が高くなると、体温調節が難しくなります

体温調節とは、体内で発生する熱と外部から受ける熱のバランスを保つことです。

体温調節は、自律神経やホルモンによって制御されます。

しかし、気温が高すぎると、体内で発生する熱を外部に放出することができません。

そのため、体温が上昇しすぎてしまいます。

高い体温は、脳や心臓などの臓器にダメージを与えることがあります。

高い体温を防ぐためには、発汗や血管拡張などの反応が必要です。

発汗は、皮膚から水分を蒸発させることで熱を奪う働きがあります。気化熱のことですね。

血管拡張は、皮膚表面に血液を流すことで熱を放出する働きがあります。

しかし、これらの反応も限界があります。

発汗は水分や塩分を失うことで脱水症状や電解質異常を引き起こすことがあります。

血管拡張は血圧を下げることでめまいや失神を引き起こすことがあります。

また、気温だけでなく、湿度も重要です。

湿度が高いと、皮膚から水分が蒸発しにくくなります

そのため、発汗の効果が低下してしまいます。

逆に湿度が低いと、皮膚から水分が蒸発しやすくなります。

そのため、発汗量が増加しまうのです。

日本は、高温多湿なので、発汗しても汗が蒸発にくいため、もともと体温が下がりにくい環境にあるのです。

どちらの場合も、水分や塩分の喪失が起こりやすくなります。

さらに、紫外線にも注意しなければなりません。

紫外線は、皮膚にダメージを与えるだけでなく、体温調節にも影響を与えます

紫外線は、皮膚の色素細胞を刺激してメラニン色素を増やします。

メラニン色素は、皮膚を紫外線から守る働きがありますが、同時に熱を吸収する働きもあります。

そのため、メラニン色素が増えると、体温が上昇しやすくなります。

これらの要素が組み合わさると、夏の暑さは男性更年期障害の症状を悪化させる可能性が高くなります。

特に、高い体温や脱水症状は、熱中症と酷似する症状を引き起こすことがあります。

熱中症とは、体温調節が失敗して体温が上昇しすぎることで起こる重篤な状態です。

熱中症にはさまざまな症状がありますので、整理しておきましょう。

熱失神

暑熱環境下で皮膚血流の著しい増加と多量の発汗とにより、相対的に脳への血流が一時的に減少することにより生ずる立ちくらみやめまいのことです。

熱けいれん

汗で失われた塩分が不足することにより生じる筋肉のこむら返りや筋肉の痛みのことです。

熱疲労

脱水が進行して、全身の倦怠感や集中力の低下した状態をいい、頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐などが起こり、放置しておくと、致命的な「熱射病」に陥ります。

熱射病

中枢神経症状や腎臓・肝臓機能障害、さらには血液凝固異常まで生じた状態のことで、普段と違う言動やふらつき、意識障害、全身のけいれん(ひきつけ)などが現れます。

これらの症状は、男性更年期障害の症状と重なるものが多いです。

例えば、めまい、たちくらみ、倦怠感、集中力の低下、気分の深いなど、男性更年期障害の症状そのものですよね。

しかし、男性更年期障害と熱中症は異なるものです。

男性更年期障害は、主にテストステロンの減少によって起こるものです。

一方、熱中症は、体温調節の失敗・不具合によって起こるものです。

そのため、原因や治療法も異なります。

男性更年期障害は、ホルモン補充療法や漢方薬などで対処することができます。

一方、熱中症は、水分補給や冷却などで対処することができます。

しかし、男性更年期障害と熱中症は区別が難しいのが現状です。

特に、自分で自覚できない場合や他人に気づかれない場合も少なくありません。

そのため、自分の体調に不安を感じることがあります。

これを予期不安と呼びます。

予期不安とは、将来起こりうる不快な出来事に対して不安を感じることです。

予期不安は、ストレスや不眠などを引き起こすことがあります

予期不安が増してくると、行動範囲が狭くなり、場合によっては行動自体できなくなる恐れも出てきますので、要注意です。

一度不安感を感じてしまうと、抗うのが難しくなります。

<