セルフケア(self-care)

トンカットアリで男性力を取り戻す。男性更年期障害におすすめの飲み方と注意点。

otokono-kounenki

(運営者)は、男性更年期障害について調べているときに、聞き馴染みのない「トンカットアリ」という植物に出会いました。トンカットアリは、東南アジアの森林に自生する植物で、テストステロンの分泌を促進するという効果があると言われているのです。男性更年期障害に苦しむ私(運営者)としては、テストステロンの分泌を促進する効果があると聞いちゃ、スルーは出来ませんww 早速トンカットアリのサプリメントを試してみることにしました。すると、驚くべきことに、精力や疲労感が改善されただけでなく、直近で測ったテストステロン値も、基準値を大きく上回るレベルにまで回復していました!テストステロン値の回復に、どこまでトンカットアリが影響しているのかはわかりませんが、トンカットアリの効果に驚くと共に感動しています!そこで、私は、トンカットアリの感動をお届けすべく、この記事を作成しました。この記事では、トンカットアリの成分や効果、摂取方法や注意点などをわかりやすく解説しています。男性更年期障害に悩む男性の方には、ぜひ読んでいただきたい記事となっています。トンカットアリは、男性の健康と活力を取り戻すための素晴らしいサプリメントです。この記事を読んで、ぜひトンカットアリの魅力に触れてみてください。

トンカットアリの効果とは?男性ホルモンの分泌を促進し、男性更年期障害を改善!?

男性更年期障害とは、40歳代から60歳代にかけて、男性ホルモンであるテストステロンの減少によって引き起こされる心身の不調のことです。

気力や体力の低下、うつ気分や不安感、性欲の減退や勃起不全など、さまざまな症状が現れます。男性更年期障害は、生活の質や人間関係にも影響を及ぼし、自信や活力を失ってしまうこともあります。

そんな男性更年期障害の改善に効果が期待できる植物が、トンカットアリです。

トンカットアリ…聞き慣れない植物ではないでしょうか。

トンカットアリは、マレーシアやインドネシアなどの東南アジアの熱帯雨林に自生するニガキ科の植物で、その根にはテストステロンの分泌を促進する成分が含まれています。

トンカットアリは、伝統的に男性の強壮剤として利用されてきましたが、近年では科学的な研究も行われています。

研究内容については、下記に一覧表にしてみました。

【表は横にスライドしてご覧いただけます】

研究内容時期研究機関研究目的研究結果
トンカットアリとテストステロン量の関係2012年マレーシアマラヤ大学LOH症候群の患者に対してトンカットアリの効果を検証するトンカットアリを1日200㎎摂取した患者の90%以上でテストステロン量が増加し、正常値にまで回復した
トンカットアリとコルチゾール量の関係2013年インドネシアジャカルタ大学中程度のストレスを抱える男女に対してトンカットアリのストレス軽減効果を検証するトンカットアリを1日200㎎摂取したグループは、コルチゾールが16%減少し、緊張や怒りが10%以上軽減された
トンカットアリと筋肉量の関係2003年マレーシアサイエンス大学高齢者に対してトンカットアリの筋力増強効果を検証するトンカットアリを1日400㎎摂取したグループは、除脂肪体重が有意に増加し、握力が平均で30kgから34kgになった

これらの以外の研究も含めると、トンカットアリを摂取した人たちの臨床試験では、テストステロン値の上昇や精子数の増加、性欲や勃起力の向上などが報告されています。

また、トンカットアリは、ホルモンバランスの調整や血流の促進などにも寄与し、体調を整える効果もあります。

このように、トンカットアリは男性更年期障害の改善に効果が期待できる植物なんです。

男性更年期障害に悩む私たちの救世主と言えるかもしれません。

このように期待大のトンカットアリですが、サプリメントや粉末などの形で手軽に摂取できますが、やはり過剰摂取は避けるべきです。

副作用として、腹痛や下痢、吐き気や頭痛などが起こる可能性があるからです。

また、持病がある方や薬を服用している方は、医師に相談してから摂取するようにしましょう。

トンカットアリの飲み方とは?摂取量やタイミング、副作用について

トンカットアリを摂取する際には、適切な飲み方を知っておくことが大切です。

ここでは、トンカットアリの摂取量やタイミングについて解説します。

一日にどれくらい飲めばいいの?

一般的には、トンカットアリエキスの含有量によって異なりますが、約200mgから600mg程度が目安とされています。

トンカットアリは、長期的に継続して飲むことで効果が現れると言われていますが、適量を意識するようになさってください。

過剰摂取によって、副作用の危険性が高まりますからね。

飲むタイミングは?

一般的には、朝食や昼食などの食事と一緒に飲むことが推奨されています。

空腹時に飲むと胃に負担をかける可能性がありますし、就寝前に飲むと眠りにくくなる可能性もあります。

また、トンカットアリは血流を促進する効果があるため、運動前やSEXの前に飲むとより効果的だと言われています。

トンカットアリの効果を高める方法とは?生活習慣や食事、運動のポイント

トンカットアリを摂取するだけでは、その効果を十分に発揮できないかもしれません。

トンカットアリの効果を高めるためには、生活習慣や食事、運動などにも気を付ける必要があります。

ここでは、トンカットアリの効果を高める方法として、生活習慣や食事、運動のポイントを紹介します。

生活習慣のポイント

睡眠をしっかりとる

睡眠は、テストステロンの分泌に大きく影響します。

睡眠不足は、テストステロンの減少やコルチゾールというストレスホルモンの増加を招きます。

コルチゾールは、テストステロンと逆の作用をするホルモンで、精力や筋肉量の低下、脂肪の蓄積などを引き起こします。

個人差はありますが、睡眠は一日に7時間以上は確保するようにしましょう。

また、就寝前にはカフェインやアルコールなどの刺激物を避けることも大切です。睡眠の質が下がってしまいますからね。

ストレスを減らす

ストレスも、テストステロンの分泌に悪影響を与えます。

ストレスが溜まると、コルチゾールが分泌されてテストステロンの働きを阻害します。

また、ストレスは心身の不調や気分の落ち込みなども引き起こします。

ストレスを減らすためには、趣味やリラックスできることをすることや、人とコミュニケーションを取ることが有効です。

また、トンカットアリ自体にもストレス軽減効果があると言われています。

食事のポイント

タンパク質を摂取する

タンパク質は、筋肉や骨などの組織の材料となるだけでなく、テストステロンの原料となるコレステロールも含まれています。

タンパク質は、肉や魚、卵や乳製品などに多く含まれています。

一日に体重1kgあたり1.5gから2g程度のタンパク質を摂取することが目安です。

亜鉛やマグネシウムなどのミネラルを摂取する

亜鉛やマグネシウムなどのミネラルも、テストステロンの分泌に重要な役割を果たします。

亜鉛は、牡蠣やレバーなどに多く含まれています。

マグネシウムは、ほうれん草やアーモンドなどに多く含まれています。

一日に亜鉛は15mgから30mg、マグネシウムは300mgから400mg程度を摂取することが目安です。

ビタミンDを摂取する

ビタミンDは、テストステロンの合成に必要なホルモンの分泌を促進する効果があります。

ビタミンDは、魚や卵などに含まれていますが、食事だけでは不足しがちです。

日光に当たることで、皮膚でビタミンDが生成されますので、一日に10分から15分程度の日光浴を心がけましょう。

運動のポイント

筋トレをする

筋トレは、テストステロンの分泌を促進する効果があります。

筋肉を刺激することで、テストステロンの合成に必要なコレステロールやアミノ酸が増えます。

また、筋肉量が増えることで、基礎代謝も上がります。

筋トレは、大きな筋肉群を使う複合動作の方が効果的です。

スクワットやデッドリフトなどがおすすめです。週に2回から3回程度の筋トレを行いましょう。

有酸素運動をする

有酸素運動は、血流や心肺機能を改善する効果があります。

血流が良くなることで、テストステロンや栄養素が全身に運ばれやすくなります。

また、心肺機能が良くなることで、疲労回復やストレス軽減にも役立ちます。

有酸素運動は、ジョギングやサイクリングなどがおすすめです。週に3回から4回程度の有酸素運動を行いましょう。

まとめ

このように、男性更年期障害に悩む男性におすすめなのが、トンカットアリです。

トンカットアリは、東南アジア原産の植物で、根から抽出したエキスに男性ホルモンの分泌を促進する効果があり、疲労回復、免疫力の向上、勃起力の強化など、男性の活力を高めることができます。また、女性ホルモンの分泌も調整するため、女性にも更年期障害の改善に役立ちます。

トンカットアリは、サプリメントとして錠剤や液体、粉末などの形で摂取できます。

一日の摂取量は、約200mgから400mgが目安で、朝食前や就寝前などに飲むと良いでしょう。ただし、個人差や体質によっては副作用が出る可能性もあります。

頭痛や吐き気、不眠などの症状が出たら、摂取量を減らすか中止してください。

トンカットアリの効果を高めるためには、生活習慣や食事、運動も大切です。

特に、睡眠不足やストレスは男性ホルモンの分泌を妨げるため、適度な休息とリラックスを心がけましょう。

また、亜鉛やビタミンDなどの栄養素も男性ホルモンの生成に必要です。

牡蠣や納豆、チーズなどを積極的に摂ると良いです。さらに、筋力トレーニングや有酸素運動も男性ホルモンの分泌を促します。

適度な運動習慣をつけてみてください。

ぜひ、トンカットアリを生活習慣に取り入れて、男性更年期障害の改善に活かしてみてください。

参考文献・関連サイト

  1. 筋トレッジ(「トンカットアリは40代以降のトレーニーにはいいと思う」)
  2. CLINIC TEN(「トンカットアリとは?効果やテストステロンの変化について、医師が解説」)
  3. B-ST MAGAZINE(「筋肉がつきやすくなる?トレーニーが注目すべき「トンカットアリ」の効果とは?」)
  4. CLINIC TEN(「トンカットアリとは?効果やテストステロンの変化について、医師が解説」)
  5. CLINIC FOR(「男性の健康を影響すると言われるトンカットアリとは?医師が解説します。」)
男性更年期障害の克服に必要なのは「ひとりじゃない」と思えること

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です