セルフケア(self-care)

テストステロンの塗り薬はいろいろあった!

otokono-kounenki

「最近活力の低下で悩んでいて、診断を受けたら、テストステロンが減少していたことが原因でした。主治医からは、運動や生活習慣の見直しから始めたらどうかと進められてチャレンジはしているのですが、薬の力も少し借りて改善していきたいと思っています。テストステロンの補充にはいろいろなタイプがあることは知っているのですが、自分で手軽にできる塗り薬について教えていただけないでしょうか。」というご相談がありました。

テストステロンの補充には、医療機関で受ける補充療法と合わせて、セルフケアで補充できる方法があります。その中心となるのが、テストステロンの塗り薬です。最近では、色々な種類の塗り薬が出ていますからね。今回は、出来るだけ詳しく解説させていただきます。

どうもです! 

男性更年期障害予防改善アドバイザーのタツヤです!

私自身50歳を過ぎてから男性更年期障害に悩み、苦しみ、現在も様々な治療やセルフケアを実践しております。

このブログをお読みのあなたは、私と同じ50代、そして男性更年期障害に苦しんでいる方かも知れません。

いわゆる「L世代」ですね。

※「L世代」とは、「男性更年期障害の一歩手前の自覚症状があったり、男性ホルモンであるテストステロンが低下しやすい要因を抱える男性のこと」を言います。

「L世代」には悩みが尽きませんよね。

私は、男性更年期障害が、世間ではあまり知られていないことに、その悩みの原因があると思っています。

「L世代」の多くは、

  • 男性更年期障害の、ちゃんとした情報や知識を得られない
  • 男性更年期障害の、適切な治療を受けられない
  • 男性更年期障害について、周囲からの理解を得られない

など、”ないない”づくしの中で悩んでいると思います。

あなたが男性更年期症状の知識が十分じゃないことにより、今も様々な症状に悩み、そして苦しみ、もしかしたら、あなたが今まで苦労して積み上げたキャリアにも大きな影響が出ているかもしれません。

更年期障害は、これからというキャリアの充実期に始まることが少なくありませんからね。

通常の生活や仕事ができないほど辛い時は、直ぐに医療機関に相談してください。

決して放置はしないでください。

もしセルフケアで緩和したいと考えているのなら、このブログを通じて、総合的に知識を備えていただき、あなたの明るい未来のためのきっかけにしてください。

このブログでは、男性更年期障害に悩み苦しむ、そんなあなたのために、男性更年期障害について、私の実体験も踏まえて様々な切り口からの情報を発信してまいります。

それでは参りましょう!

意外に多いテストステロン補充療法

テストステロンが減少してくると、身体(フィジカル)、精神(メンタル)、性機能(セックスファンクション)などに、いろいろな症状が現れます。

そんな時に有効なのが、テストステロンを補充する治療法です。

テストステロンを体内に直接補充する治療法なので、非常に効果的です。

具体的な補充治療法はいくつかありますので、メリット・デメリット等を含め、下記の通り整理いたしました。

テストステロンを増やす治療法は、大きく4つに分かれます。

それは、

  1. 注入(注射)
  2. 塗る
  3. 貼る
  4. 飲む

の4種です。

それぞれの特徴を一覧表にまとめてみました。

【表は右方向にスライドしてご覧いただけます】

種類メリットデメリット治療法・薬
注射薬血中にダイレクトに注入するので、即効性、効能ともに◎です。医療機関での注射が必要。
定期的に通院する必要がある。
テストステロン補充法(エナント酸テストステロン:日本で唯一承認されているテストステロン剤)
塗り薬穏やかに作用するので体に優しい。
使用方法が簡単。
塗るのに手間がかかる。
肌に合わないことも。
テストステロン5%製剤は基本的に日本で手に入りません。
グローミン(大東製薬工業)
トノス(大東製薬工業)
アンドロフォルテクリーム5%(ローリー・ファーマ)
セルノスジェル(サンファーマ)
テストジェル(バイエル)
オットピンS(ヴィタリス)
貼り薬長時間にわたる効能が期待できる。肌に合わないことも。
見た目が悪い。
アンドロダーム(アッヴィ)
経口薬(飲み薬)使用方法が簡単。天然タイプではない。
肝臓で分解され血中に回りにくい。
非効率。
アンドリオール(MSD)
セルノス(サンファーマ)
エネルファ(原沢製薬工業)

この様に、テストステロン補充療法には様々な方法があります。

今回は、この中でも効果も見込めて、さらにあなた自身で気軽に出来る塗り薬にフォーカスしてみましょう。

テストステロンを補充する塗り薬の効果は?

塗り薬は、直接皮膚に塗る治療法です。

皮膚に塗られた薬剤は、「経皮吸収」と呼ばれる経路で血管へと吸収されていきます。

血管から吸収されたテストステロンは、血液に取り込まれて全身へ効果が行き渡るのです。

従って塗り薬は、「経皮吸収」の効率が良い皮膚の薄い箇所に塗ることが大切です。

そうすることで、全身にテストステロンが行き渡り、より薬の効果が高まるからです。

経皮吸収の最大のメリットは、テストステロンが肝臓で分解されずに血管に入るため、全身に行き渡りやすくなると共に、肝臓への負担軽減も期待できるところです。

それは、経口薬、つまり飲み薬との大きな違いでもあります。

テストステロン補充療法には飲み薬もありますが、先述の通り、肝臓で分解されてしまうため、効果が限定的になってしまうのです。

服用は簡単で良いんですけどね。

ただし、肝臓への負担が少ないからといって長期間使用ができるというわけではありませんし、使用期間は有効成分の配合量によっても異なります。

また、注射による補充法に比べると即効性や作用が弱いというデメリットがあります。

稀に肌に合わないこともあります。

直接肌に塗る塗り薬ですがらやむを得ないですね。ですので、使用する際は常に肌の状態も観察する様にしてください。

そして、使用する前には必ず医師または薬剤師に相談すると共に、定められた用法・用量をしっかり守るようにして下さいね。

残業ながら、塗り薬によるテストステロン補充療法だけでは、劇的な変化は望めません。

しかし、注射に抵抗がある方や、通院が難しいなどの事情がある方は、作用がおだやかな塗り薬から試してみるという選択肢はありだと思いますよ。

テストステロン塗り薬の入手方法は?

テストステロン補充塗り薬を入手する方法は、次の3つに分かれます。

  1. 病院やクリニックでの処方してもらう
  2. 薬局や一部ドラッグストアで購入する(薬剤師相談)
  3. 通販サイトで購入する

あなたの体調や持病がある時などは、医療機関での受診が必要な場合もありますので、ご注意くださいね。

病院やクリニックでの処方してもらう

医師の診断を受けて、処方してもらう塗り薬ですから、一番安心して使うことができます。

男性更年期障害外来または泌尿器科の専門病院での医師による問診、テストステロン値の検査等によって、症状を細かくチェックして用法・用量を定められますので、気になる副作用のリスク不安も軽減されます。

例えば、前立腺などに持病がある場合にテストステロンの補充を行うと、悪化させてしまうリスクがありますので、必ず持病がある人は医師の診察を受けることが必要です。

仮に持病がないとしても、体調に不安のある時は自己判断せず、適切な治療を受けるために、必ず医師の診断を受けてくださいね。

薬局や一部ドラッグストアで購入する(要薬剤師説明)

テストステロンを補充する塗り薬は、一部の薬局や、取り寄せ可能なドラッグストアなどで購入することができます。

ただし、第1類医薬品に分類されますので、販売時には必ず薬剤師から薬の説明を受けてから購入することになります。

第1類医薬品は、効果が高い反面、副作用の危険も高いため、販売できるのは薬剤師に限定されているからです。

でも、この薬剤師による説明ですが、形骸化していることも事実で、薬剤師の説明を受けずに購入できる薬局も少なくありません。実際、私も購入する時、薬剤師からの説明はありませんでした。

ちなみに、次項で説明するテストステロンを補充する塗り薬の「グローミン」や「トノス」もこの第1類医薬品で、一部の薬局や、取り寄せ可能なドラッグストアで手することができますが、必ず薬剤師の説明を受けてからの購入になることになるのでご注意くださいね。

この様に手軽に購入することが出来る第1類医薬品なのですが、病院やクリニックで処方される塗り薬よりは有効成分の配合量はどうしても劣ります。

当然ですよね。医師の処方なくして購入できる薬なのですから。

また、長期にわたって市販薬を使う場合は、副作用等の影響がないか定期的な医療機関の受診が必要です。さらには、あなたが現在治療中の他の薬との飲み合わせのチェックもできるので必ず受診しましょう。

通販サイトで購入する

テストステロン補充塗り薬の「グローミン」や「トノス」は、実は通販サイトでも購入することができます。

しかし、通販サイトであっても、前述のように第1類医薬品であるため、薬剤師の説明を受けなければ購入することはできません。

薬剤師からの説明は、メールや電話、zoomなどのWeb会議ツール等で受けることにかります。

また、通販というカテゴリーで言うと、海外から個人輸入という形で入手することも可能です。

しかし、個人輸入の場合、使用して何らかの問題が発生しても自己責任になりますので、躊躇してしまうこともありますよね。ネットとかの情報を見ると、個人輸入で海外製の薬品を使用している方も少なくありませんが、なかなか難しいかもしれません。

でも、国内治療薬と比較すると、有効成分の濃度が高いですからね。有効成分が高い分、効き目もあるようです。試したことはありませんが…。

テストステロン塗り薬の種類はいろいろある!

テストステロンを補充する塗り薬には医療用医薬品と市販薬がありますが、成分や使用方法、注意点などが異なるので確認が必要です。

ここでは6種類のテストステロン塗り薬についてご紹介したいと思います。

それぞれ、特徴などを解説いたしますので、参考にしてみてください。

グローミン(大東製薬工業)

グローミンは、私も実際に使っている国内の製薬会社で作られているオススメの塗り薬で、体内で生成されるテストステロンを使用した市販薬です。

第1類医薬品に分類されており、低刺激で無香料タイプなので臭いを気にせず使用できるクリームです。

低刺激なので、陰のう部へ塗り込んでも、平気です。私も実際に陰のう部に塗り込んでいますが、ヒリヒリするなどの刺激はありません。もちろん、個人差はあると思いますが。

あっ、陰のうとは、いわゆる金玉袋のことですね。

ただし、前立腺肥大や前立腺腫瘍等の可能性がある人は、症状を悪化させる可能性があるので使用はできません。

前立腺肥大は50歳以上になると発症率が高くなるので、使用前に前立腺検査を受けて、PSA2.0以下であることを確認してから使うようにしましょう。

グローミンは私も実際に使用していますので、詳細はコチラの記事をご参照ください。

合わせてお読みください
テストステロン補充塗り薬グローミンを使ってみた件
テストステロン補充塗り薬グローミンを使ってみた件

価格は、税込みで4,157円でした。

使用回数は、概ね20回程度。1回あたり、200円程度のコストです。毎日朝晩2回使用するとなると、月2本以上になり、1万円を超える薬代になります。

症状が出た時に使う分にはいいかも知れませんが、恒常的に使う薬となると割高な薬と言わざるを得ませんね。

表は右方向にスライドしてご覧いただけます

薬品名グローミン
効果・効能男性ホルモン分泌不足による性器の神経衰弱の諸症状
勃起力減退、早漏、陰萎、性欲欠乏、性感減退、遺精、睾丸欠落症、先天性睾丸発育不全。
脳下垂体性腺ホルモンが無効の潜伏睾丸。
女性恥部無毛症、乳汁の分泌抑制。
成分100g中に次の有効成分を含んでいます。〔有効成分〕
テストステロン
〔 100g中 〕1g
〔 本   質 〕
男性ホルモン添加物として次を含有。
白色ワセリン
ステアリルアルコール
プロピレングリコール
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60
モノステアリン酸グリセリン
メチルパラベン
プロピルパラベン
医薬品分類第一類医薬品
製薬会社大東製薬工業株式会社

トノス(大東製薬工業)

トノスはグローミンと同じ製薬会社で作られている市販薬で、第1類医薬品に分類されています。

トノスの特徴的なところは、テストステロンだけでなく局所麻酔成分とアレルギーを抑える抗ヒスタミン剤が配合されていることです。

亀頭部分に塗ることで、感覚を麻痺させられるので、早漏対策効果が期待できます。

また、経皮吸収されやすい陰のうに塗ることでテストステロンが補充されます。

他のテストステロンを増やす医薬品と同様に、前立腺肥大がある人や性ホルモンの影響によって起きる疾患がある人には使用できません。

表は右方向にスライドしてご覧いただけます

薬品名トノス
効果・効能男子更年期障害
男性性器神経衰弱症(早漏、勃起力減退等)
成分100mL中〔成分:分量:本質〕テストステロン:1g:男性ホルモン
アミノ安息香酸エチル:10g:局所麻ひ剤
プロカイン塩酸塩:0.5g:局所麻ひ剤
ジブカイン塩酸塩:1g:局所麻ひ剤
ジフェンヒドラミン塩酸塩:0.5g:抗ヒスタミン剤
医薬品分類第一類医薬品
製薬会社大東製薬工業株式会社

セルノスジェル(サンファーマ)

「セルノスジェル」は、日本ではあまり馴染みがありませんが、インドの大手製薬会社であるサンファーマが開発した、テストステロンの塗り薬です。

LOH症候群の諸症状を緩和するとともに、テストステロンを増加させることで筋肉増強、性欲増大、更にはAGAの改善などの効果が期待できます。

セルノスジェルは、筋繊維を太くする作用もあるので、多くの筋トレマニアの間でも筋肉増強剤としても愛用されている定番の塗り薬です。

1回の塗布で、効果は24時間持続します。

現在、特に併用禁忌などは報告されていないようですね。

比較的、安心して使用できる塗り薬ですが、持病があったり、現在治療を受けている場合は、必ず主治医に相談の上で使用するようにしてください。

他の男性ホルモン剤を使用している方、前立腺疾患の治療を受けている方、妊婦または授乳中の女性、まだ生殖機能が安定していない未成年、睡眠時無呼吸症候群の既往がある方は使用してはいけません。

私はネットの通販(お薬なび)で購入しました。

価格は、1%・5g・14包で税抜き4,500円でした。

送料が1,000円かかりますがクーポン利用で1,000円の値引きがあるのでチャラ。

さらに銀行振り込みだと225円が値引きされましたので、4,275円で入手することができました。(2022年11月時点の価格です)

レビュー記事はこちらからどうぞ。

合わせてお読みください
テストステロン補充塗り薬セルノスジェルを使ってみた件
テストステロン補充塗り薬セルノスジェルを使ってみた件

表は右方向にスライドしてご覧いただけます

薬品名セルノスジェル
効果・効能筋肉増強
体毛増加
精力増強
性欲増大
AGA改善
LOH症候群による諸症状の緩和など
成分1袋(5g)中に合成テストステロン1%配合
医薬品分類
製薬会社サンファーマ(インド)
その他日本では未承認

アンドロフォルテクリーム5%(ローリー・ファーマ)

アンドロフォルテクリーム5%は、オーストラリアのローリー・ファーマ社が開発した医薬品です。

残念ながら、日本では未承認のため、薬局やドラッグストアなどでは入手することはできません。

グローミンのテストステロン配合量が1%なのに対して、アンドロフォルテは5倍の5%も配合されています。

配合量が高いことで効果も大きいのですが、心配なのが副作用です。

アンドロフォルテクリーム5%はメンズヘルス外来を行っている専門クリニックで、男性更年期障害などの診察を受けた場合に、処方薬として処方してもらいましょう。

表は右方向にスライドしてご覧いただけます

薬品名アンドロフォルテクリーム
効果・効能筋肉増強
男性更年期障害の症状改善
精力増強
男性機能回復
活力アップ
不安感、落ち込み等の改善
成分テストステロン5% 50mg
医薬品分類
製薬会社ローリー・ファーマ
その他日本では未承認
テストステロン5%は、国内では市販で販売されていません。
国内のクリニックなどでは処方してもらえません。但し、しかしメンズクリニックなどの一部では、海外から取り寄せて処方しているところもあります。

テストジェル(バイエル)