トピックス

週刊SPA 実録 本当に怖い「男の更年期障害」 

otokono-kounenki

成人男性向けの週刊詩「週刊SPA」の特集記事

実録 本当に怖い「男の更年期障害」

に、私のインタビュー記事が掲載されました!

私以外にもお二方(匿名)の体験談も掲載されています。

また、タレントのヒロミさんの記事も掲載されていました。

「仕事中に、強い動悸に襲われて倒れるかと思った」と。

私とおんなじです。

あらためて、他の方々の体験談を読んでも、男性更年期障害って怖いと改めて思いました。

2024/02/11に、Yahoo!Japan newsで、WEB(ネット)記事でも配信されましたので、ご紹介しますね。

「座っているだけで動悸がして汗が止まらない…」男性更年期障害と診断された52‌歳。訪れるのは女性だけではない

読者のコメントです

eur*****

男性更年期障害、10年ほど前、60歳になろうとする頃に発症しました。

たまたま膀胱がんの術後診療を受けていた泌尿器科の医師に相談したところ男性更年期障害と診断され、テストステロン注射と漢方薬の服用を始めました。

症状が改善してきた為、テストステロン注射は暫くして止めましたが、漢方薬は今も飲み続けています。

お陰で男性更年期障害については全く気にならなくなりました。

周囲に迷惑をかけてしまう可能性もある病気ですので、おかしいなと感じたら早めに専門医の診察を受けることをお勧めします。

tpd*****

50代前半男性です。
高速運転中に突然「パニック症状」に襲われました。事故に至らずに済んだのは幸いでしたが、以降、長距離・高速の運転が出来なくなりました。
発症から2ヶ月くらいは近郊の運転にも「恐怖」を感じていましたが、男性の更年期障害の可能性を疑い「体質改善」を初めてから少しずつ良くなってます。運転時の「恐怖心(動悸・発汗・意識飛び)」も数ヶ月の間出ていません。
男性の更年期障害ってのは「突然の自覚症状」から始まる場合も少なくないそうですし、ご同輩方も不調時には先ずは「更年期障害かも……」と疑ってみるのも良いかもです。

bon*****

私も50代前半ですが、昨年、男性更年期と診断されました。やる気の低下や倦怠感、発汗がひどく、もしやと血液検査をしたら、遊離テストステロンの数値が70代の男性並みに低下していました。ホルモン補充療法で少し軽減しましたが、男性更年期は認知症のリスクも上がるらしいので、今後がすごく不安です。

xp2*****

男性更年期、はやい人だと20代くらいでなってます。
40代になったらイライラしやすいとかだれでもなります。

筋トレとか運動おすすめする記事をたくさん見ますが、逆効果。
筋トレ更年期おやじになるだけです。
私の知っている方で、お客様にキレて左遷された人がいます。
その方が医者に行き、漢方を飲むと改善。
なぜ早く医者に行かなかったかと後悔してました。
はやめの医者ですね。

atu******

男性更年期と思い病院に行っても、ストレスでは?鬱では?って疑われ、なかなかちゃんとした診断をしてくれない医者が多くてしんどいです。

出典:Yahoo!Japan news

男性更年期障害の克服に必要なのは「ひとりじゃない」と思えること

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
タツヤ
タツヤ
男性更年期障害予防改善アドバイザー
1971年生まれ。
2010年頃から動悸、めまい、発汗、倦怠感などの症状に悩まされる。
様々な病院で検査を受けるも原因が分からず『診断難民』状態に。
その間、体調は悪化するばかり。
2019年頃から体調不良(不定愁訴)が顕著に現れる。
2022年11月ホルモン検査の結果、男性更年期障害の診断を受ける。
以降、テストステロン補充療法を中心に治療を続け、合わせてテストステロンをアップさせるための生活習慣の改善に取り組み、2023年11月時点、テストステロン値も正常になり、男性更年期障害の症状は改善する。
現在は、自身の経験を活かし、SNS(X【旧Twitter】)やblog、同じ悩みを持つ方々によるコミュニティ、さらには各種メディア出演など通じて、男性更年期障害を中心としたメンズヘルスに関する情報を発信している。

【メディア】
■ちぇぶらチャンネル(NPO法人ちぇぶら)
■BSS NEWS テレポート山陰(BSS山陰放送)
■スーパーJチャンネル(テレビ朝日)※2023/11/24放送
■スーパーJチャンネル(IAT岩手朝日テレビ)
■モーニングショー(テレビ朝日) ※2024/1/19放送
■Yahoo!Japan NEWS
■TBS NEWS DIG
■ぶんか社 comicタント(vol.50) 漫画(熊田プウ助『中年肉体百科』)の原作協力
■週刊SPA!(2024年 1/16・23号)
ほか

※詳細はアイコンをクリック(タップ)