トピックス

あなたは不眠症かもしれない!WHOが推奨するアテネ不眠尺度(AIS)で自分の睡眠をチェックしよう

otokono-kounenki

睡眠は人生の3分の1を占める大切な時間です。

そして、睡眠は財産です。

しかし、多くの人が睡眠の質や量に不満を抱えています。

特に、40代から60代の男性は、テストステロンの減少によって、不眠や疲労感、性欲低下などの男性更年期障害の症状に悩まされることがあります。

あなたは自分の睡眠に満足していますか?

もしも不眠に悩んでいるなら、アテネ不眠尺度(AIS)でチェックしてみてください。

今回、アテネ不眠尺度(AIS)がお気軽にできるように専用のページを私が自作しました。

アテネ不眠尺度(AIS)は、WHO(世界保健機関)が開発した世界標準の不眠診断ツールです。

たった8つの質問に答えるだけで、あなたの不眠の程度が分かります。

寝つきが悪い、夜中に目が覚める、昼間に眠いなど、あなたの睡眠パターンに合わせて、最適な改善策を見つけましょう。

そしてアテネ不眠尺度(AIS)で、あなたの睡眠を変える一歩を踏み出してください。

睡眠は男性更年期障害の予防や改善にも大きな効果があります。

生活習慣の改善でも、最重要なのが睡眠です。

ご存知かとは思いますが、睡眠中にテストステロンが分泌されるため、しっかり眠ることで、テストステロンの低下を防ぎ、気分や体力、性機能の回復につながります。

繰り返します。

睡眠は人生の3分の1を占める大切な時間です。

あなたの睡眠は、あなたの男性としての健康を守るためにもめちゃくちゃ重要です。

アテネ不眠尺度(AIS)の専用ページは、下のアイコンをクリック(もしくはタップ)してください。

合わせてお読みください
アテネ不眠尺度(AIS)
アテネ不眠尺度(AIS)
男性更年期障害の克服に必要なのは「ひとりじゃない」と思えること

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
タツヤ
タツヤ
男性更年期障害予防改善アドバイザー
1971年生まれ。
2010年頃から動悸、めまい、発汗、倦怠感などの症状に悩まされる。
様々な病院で検査を受けるも原因が分からず『診断難民』状態に。
その間、体調は悪化するばかり。
2019年頃から体調不良(不定愁訴)が顕著に現れる。
2022年11月ホルモン検査の結果、男性更年期障害の診断を受ける。
以降、テストステロン補充療法を中心に治療を続け、合わせてテストステロンをアップさせるための生活習慣の改善に取り組み、2023年11月時点、テストステロン値も正常になり、男性更年期障害の症状は改善する。
現在は、自身の経験を活かし、SNS(X【旧Twitter】)やblog、同じ悩みを持つ方々によるコミュニティ、さらには各種メディア出演など通じて、男性更年期障害を中心としたメンズヘルスに関する情報を発信している。

【メディア】
■ちぇぶらチャンネル(NPO法人ちぇぶら)
■BSS NEWS テレポート山陰(BSS山陰放送)
■スーパーJチャンネル(テレビ朝日)※2023/11/24放送
■スーパーJチャンネル(IAT岩手朝日テレビ)
■モーニングショー(テレビ朝日) ※2024/1/19放送
■Yahoo!Japan NEWS
■TBS NEWS DIG
■ぶんか社 comicタント(vol.50) 漫画(熊田プウ助『中年肉体百科』)の原作協力
■週刊SPA!(2024年 1/16・23号)
ほか

※詳細はアイコンをクリック(タップ)